Profile cover photo
Profile photo
Bunshiro Tamura
2,273 followers
2,273 followers
About
Bunshiro's posts


JARDに自作機等のスプリアス確認保証を聞いてみました。

世間のブログを読んでいると

 LF好きなOTが新スプリアス関連の訳わからん事を各方面に問い合わされている様子が書いてあります。

 そのお方の思いはアマチュアに新スプリアスなんてとんでもないもっと自由にやらして欲しいという願い思いだとは思いますが明らかに決まっている事項に対してあれこれ言ってもと言う気もするし同じ事も繰り返す様子を拝見するとおつむてんてんのOT何かという気になります。

 と言うことで少々気になったので自分でJARDに電話で問い合わせてみました。

 さて、

 【 スプリアス確認保証が可能な送信機 】
 
 とは

「1 JARL 登録機種又は技術基準適合証明機種で旧スプリアス規格機器のうち、別表「スプリアス確認保証可能機器リスト」に記載の送信機 ※ 保証可能機器は追加されますので、JARD ホームページ等でご確認ください。」

 と

「2 自作機等であって、自ら測定したスペアナ画面の写真を添付した機器」

 の二つの保証があるようです。

 1の保証はリストを見て自分のリグがリストにあるので認定保証してもらおうと言うことで良いのですが。

 2の自作機等が気になっていました。

 「スペアナ画面の写真を添付」と書いてあるのです。

 本来の新スプリアス移行申請の際には

  「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」

 と言うことを明記するようになっていますし、

 当然かもしれませんがJARDでの「無線機器の電波測定サービス」でも、ちゃんと「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」と明記されていますので、

 と言うことは「スペアナ画面の写真を添付」の際に使用する測定器も常識的には「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」と明記する必要があるし使用する必要もあるはずですが?

 ただ、そうなると何のための「JARDによるスプリアス確認保証」と言うことになります。

 そこで質問しました。

 「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」

 が必要なのですか?


 「測定に使用した測定器等は、較正等を受けて1年以内のものを使用しています。」は必要ありません。


 いつ誰がこの測定をしたかがはっきりしていれば問題ないと言うことのようです。

 ただ、それは、はっきりしているが細かい添付内容等はまだ確定していないと言うことでした。

 少しでも簡単に出来るようにしたいと言われていました。

 まぁ色々ありますが良い方向になっているのでは無いでしょうかね。

 お国が定めている新スプリアスの測定方法を見るとわかるのですが混変調ひずみ等は回避できるように作られているし今の時代的には結構緩い規制のような気がします。

 基本的にはリニアをつける場合にでもエキサイターが新スプリアスに適合していれば良いというのもある意味ありがたい処置と思います。

 まぁ2mFMで電波を出すと航空機の周波数に妨害を与えるとか警察/消防に妨害とかとこちらの田舎でもスプリアスによる出来事を耳にしたので綺麗な電波を出さないといけないと思います。

続きのWebはこちら
http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=730

田村文史郎/JA5FNX

逆L其の2

1ー二ヶ月前から遊んでいる

 水平部が短い逆Lアンテナですが少々アクシデントがありました。

 以前の記事
 逆L
 http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=725

 設置当初より

 1.1.8MHzでパワーを入れるとスパークする
 2.野外に設置したMFJのMFJ-986と言う手動アンテナチューナを入れてマッチングさせてはいるのだけどおかしいくらいメチャクチャに帯域が広い1.8と1.9が調整なしで使えるくらいに。
 3.受信はそこそこなのだけど送信が20db以上悪いような気がする。

 という感じでした、あくまでも感じなので雰囲気なのですがなんかとばんなぁっと言う感じでした。

 と言うことでJA5XPNさんとJH5MXBさんにお願いして20mと7m位のラジアルを追加していただきました。

 と同時にエレメントの垂直部分を少し建物から離して頂きました。

 贅沢を言えばもう少し離した方が良いのですが中々難しいです。

 と言う変更の後、電波を出したとこと「パワーを入れるとスパークする」と言うのが強烈になってMXBさん曰くアンテナチューナの中のバランあたりで「火を噴いている」おっとっともう終わったかと思いました。

 でも、「火を噴いている」と言うことはMFJ-986のロータリースイッチあたりかロータリーインダクタあたりが壊れた思いました。

 こりゃいっときでれんなと思っていました。

 XPNさんMXBさんがMFJ-986の中見てみようよと何度も言ってくれていましたが野外のボックスに入っているのでばらすとなると結構、世話をかけるし燃えていたらどうしようもないしと言う気持ちもあって今度でいいよとかいっていたのですがばらそうと強く言ってくれたのでばらしてみました。

 と言っても野外の出来事は僕には見えないので任せっきりなのですがね。

 分解してきてMFJ-986を開けてみると被害は案外少なく入力側のアンフェノールなのかベークライトなのかのM型コネクタが燃えていました。

 配線の被服も燃えていたようでした。

 これは僕が起こした人災というのもわかりました。

 本来、立てるときから電圧給電のアンテナはいつスパークして火事になるかわからんと自分で言っておきながら

 アンテナチューナスルー機能がある同軸入力へ繋いでとお願いした僕が起こした人災と言うことです。

 電圧給電のアンテナのアンテナは当然のことですがタイトのスタンドオフで浮いたバランス・アンバランスに繋がないといけないと言うことです。

 過去の電圧給電のアンテナでは2kWでもM型入力で使えたときもあったと言う甘さが事故を起こしたと言うことです。

 だって、長さによってインピーダンスは変わる物ね。

 と言うことでタイトのスタンドオフで浮いたアンバランス入力へ繋いでもらってテストを開始しました。

 今度は何も無かったかのように1kWでも全く問題なく使用できました。

 まぁなんとなさけなや。ですね。

 なぜかわからないのですがアンテナチューナーのチューニングポイントは大きく変わっていないのに帯域が狭くなって常識的な動作になりました。

 当然、1.8と1.9はチューニングを取り直さないと全く使えない雰囲気になりました。

 コンピュータで計算した値とも似ているので良い感じです。

 結局、何が災いしてこうなったのかはわからない部分が多くあるのですが何となく全体的にうまくいきました。

 飛びのチェックなのですが下手な電信に出なくては160mはいけないのですがぼちぼちやっています。

 一週間くらい10Wで運用しようと思っています。

 何となく、レポートが599599になってしまうので相手して頂く方には申し訳ないのですがいっとき10Wでお願いします。

 昨夜も10Wで八局の方にお相手頂いたのですが559~599を頂いたのでこんなものじゃろうとおもっています。

 また、下手なので出ますので皆様お相手よろしくお願いいたします。

 と言うことでJA5XPNさんとJH5MXBさんJH5ENDさん、ありがとうございました。

 とりあえず、HFのアンテナは完成したようですね。

 HF部門完成まで1年半でした結構長かったです。

 お次もよろしくお願いいたします。

続きのWeb
http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=729

JA5FNX/田村文史郎


Post has attachment
FNX488 CW-RTTY(FSK)-PTTのインターフェース決定版!

決定版!

 と大見得を切ったんだが実際はたいした物でも無いかもね。

1.回り込みしにくい回路構造であること
2.回路が簡単であること
3.パソコン側と無線機側とは完全に分離されていること
4.ケース加工が必要ないこと
5.部品が田舎でも揃うこと
6.簡単な変更で正論理・負論理の極性変換できること

 最初に迷ったのはUSBシリアル変換基板(ケーブル)の選択でした。

 USBシリアル変換TTLとUSBシリアル変換RS-232Cとどちらにしようか?でした。

 結局どちらも作ってはみたのですが、RSTとDTR出力の出たUSBシリアル変換TTLは種類も少なく最終的なケースの問題等もあって、最終的にはUSB-シリアル変換ケーブルを使用することにしました。

 USB-シリアル変換ケーブルと言えば秋月の物が有名ですが以前からある

  「USB-シリアル変換ケーブル グレー色 通販コード M-02746 発売日 2008/10/20」
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02746/

 は新しいOSで使いにくいので

  「FT232 USB-シリアル変換ケーブル VE488 [VE488] 通販コード M-08343」
  http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-08343/

 を採用しました。

 実は採用の前にVE488のシンク電流の能力を測定しました。

  「変換チップ:FTDI社FT232RL(I-01739)
   RS232Cトランシーバ:SIPEX社SP213ECA」

 OSに関係するのがFT232で何かにつなぐことで重要なのがSP213ECAです。

 SP213ECAの出力はDサブコネクタ9Pの各入出力ピンにつながっていますがOutput Short Circuit は規格表の通り+-25mA位のようです。

 気になるのはシンク電流・ソース電流ですが規格表では3kオームの付加で+-7Vと言うことになっています。

 3kオームと言うことは2.3mAのソース電流ってことのようですが実測してみました。

 330オームの負荷抵抗で約+-4.5Vが得られるようです。

 13mAのソース電流と言うことになります。

 4.5Vと言うことはフォトカップラの1.5Vを引いて3Vで330オームの抵抗を入れて約13mAの電流をフォトカップラのLEDに流すことが出来ます。

 13mA流すとフォトカップラの効率が100%~200%あると思いますので殆どのソリッドステートトランシーバのCW-RTTY(FSK)-PTTはスイッチング制御出来ると思います。

 真空管式のCW-RTTY(FSK)-PTTには高耐圧のフォトカップラを使って下さい。

  「フォトカプラ TLP627 [TLP627(F)] 通販コード I-07552 コレクタ・エミッタ間電圧 VCEO 300 V エミッタ・コレクタ間電圧 VECO 0.3 V コレクタ電流 IC 150 mA 」

 また、CW-RTTY(FSK)のスイッチング制御にはスイッチング時間の問題でフォトモスカップラやフォトリレーは使用できません。
    PTTのスイッチング制御には使用できます。

 各フォトカップラの1番と2番を反転させると論理を反転させることが出来ます。

  電流制限用の抵抗330オームのない回路をたまに見かけますがUSB-シリアル変換ケーブルのレベルコンバータICの電流制限がかかりっぱなしになって熱くなっていますのでお気を付けください。

 オリジナルFNX488の結線(MMTTYのドキュメントと同じ極性です。)でTS-590Gで使用するとFSKのみマークとスペースを極性反転(極性反転にチェック)させる必要があります。

続きはWebで
http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=728

田村文史郎/JA5FNX



逆L

少し前

 JA5XPN JH5END JH5MXB のお友達の皆さま、そしてそしてお隣の駐車場の地主さんである株式会社豊予社の社長様である菊池史行さんのおかげでローバンドに使う逆L(INV L)を張りました。

 地上高 約8m 水平部 約55m 垂直部 約8m の逆Lアンテナです。

 本来 逆Lというのは 水平部より垂直部が長いのが本来の逆Lの様なのですがタワーとかいうものはないのでこの格好になっています。

 垂直部分の地面側には

 未来工業 ウオルボックス (プラスチック製防雨スイッチボックス) 屋根付 (WB-16AM)サイズ 423 X 568 X 210

 この中にMFJのMFJ-986と言う手動アンテナチューナを入れてマッチングをとっています。

 アンテナ

  直接、MFJ-986へ接続しています。


 MFJ-986のアース


  直接、若干のアース棒、鉄骨倉庫、若干のカウンターポイズ・・・。
  数値的には出ていないのですが結果的にはアースが甘いような気がします。
  アースマット・溝へのラジアル・・・・等々が必要かも・・・・・。


 MFJ-986の出力


  MFJ-986の出力直後直ぐの所で分離インピーダンス3.5kオーム位のコモンモードフィルタを通してRG-58約10mでシャックへ入れています。
  シャック内ではRFインクワイアリーの800オームのコモンモードフィルタを通過後、送信機につないでいます。


 一応、直下でアンテナチューナを入れてマッチングをとっていますのでSWRは良好ですが飛びが良くないような印象です。

 1kWでも回り込みやTVI等は発生していません。

 まれに1kWの状態でアンテナチューナがスパークするようです。

 アンテナがスパークしているのではないと思うのですが・・・・・・。

 結論は出ていません。

http://bun.dokidoki.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=725

JA5FNX/田村文史郎

Post has attachment

灯台放送リアルタイムテーブルを作りました。

1.9MHz用の

 逆Lを上げた記念に灯台放送リアルタイムテーブルのWebを作りました。

 アンテナの事は後で別に書きます。

船舶気象通報 - Wikipedia
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E8%88%B6%E6%B0%97%E8%B1%A1%E9%80%9A%E5%A0%B1

 灯台放送とは「周波数は1670.5kHz、電波型式はH3E(上側波帯:USB)SSBで受信する場合はUSBで搬送波周波数1669kHzに合わせる」で全国の灯台から決められた時間割をもとに船舶気象通報が送信されています。

 今、どこの灯台放送が送信されているかを知るためのWebを作りました。

 このようなWebは既にあるのですが長時間使用するとブロックされて使えなくなるようなので自由に長時間使えるものを作って公開しました。


灯台放送リアルタイムテーブル

http://bun.dokidoki.ne.jp/todaihoso/

 皆さまごゆっくりお楽しみください。

 JA5FNX / 田村文史郎

Post has attachment
SDRUNOはStudio 1のフリー版ですよ。

SDRPLAY RELEASES SDRUNO: FREE SDR SOFTWARE FOR THE RSPを

 RTL-SDRで使ってみました。

 インストールフォルダーにExtIO_RTL2832.dllとlibusb-1.0.dllを入れてサンプリングレートを0.9mspsに設定すると動作するようです。

 SDRUNOはStudio 1のSDRPLAY限定のフリー版ですが、DCバランスも手動で調整する必要があります。

 今まで使ったSDRアプリの中でStudio 1はトップクラスと思われます。

 高級受信機の要素がいっぱいです。

 そのStudio 1を少し制限はあるもののフリーで使えるのは素晴らしい事です。

 ひょっとしたら色々なSDRで使えると思いますので皆様もぜひやってみてください。

http://www.rtl-sdr.com/sdrplay-releases-sdruno-free-sdr-software-for-the-rsp/

http://www.sdrplay.com/windows.html


Post has attachment
ツイッターより

やっとCreativeAutomaticAntennaControllerに使う基本SWR特性ファイルが出来ました。今のところ6種類のCD社のロータリーDPです。これが出来るとちょっとだけ完成が近くなりました。まだまだです。だけどCAACってなにょ。

CAACはArduinoとWindowsとOmniRigとリレーボードで出来ています。二つのプログラムコードを書かないといけないので時間が掛かります。OmniRigからの割り込みの部分は書いたので難しいところは終わっているのだけど中々まとまった時間がとれない。

CreativeAutomaticAntennaController略してCAACはCD社のロータリーDPのコントローラを無線機の周波数にあわせて自動的に切り替えるコントロールユニットです。

CAACの基本SWR特性ファイルっていうのはこの様な物です。調べて全部手作業で作らないと出来ません。


Photo

Post has attachment
早速GNU RADIO FOR WINDOWSをインストールしてみました。チューナはRTLでおまけのgqrxを実行してみましたが快適に受信できました。リナックスで動作させるよりレスポンスがよいと思います。 / “document…” htn.to/g966WfB

Post has attachment

ラズベリーパイって道を迷ったか確立したかどっちかだな。いずれにしても正気の沙汰ではないな。
Wait while more posts are being loaded