Profile cover photo
Profile photo
BPA
2 followers -
ビジネスプロデューサー
ビジネスプロデューサー

2 followers
About
BPA's posts

Post has attachment
Public
ビジネスプロデューサーという存在について
あなたにとって、ビジネスプロデューサーは、どんな存在だろうか? ・雇われず、自由奔放に生きることができる存在 ・頭の回転が速く、素早く課題解決の方法を提案できる存在 ・開拓者であり、規制のルールをぶっ壊す存在 ・新規事業の立案者、そして新規事業を成功に導く存在 ・無関係なものたちを組み合わせ、新たな価値を創造できる存在 どれも間違いではない。 それに書き出したら、切りがないくらいある。 それをあえて一つ、一言で表現すると「ビジネスを商品化できる存在」である。 BPAメンバーなら、その理由を語れるはずだ。 【本...

Post has attachment
Public
1月に、詩人であり日本の精神科の祖ともいえる斎藤茂吉氏がルーツの精神科病院である青木病院管理者の青木誠医師に取材をさせていただきました。


青木医師は、日本の医療システムで抗うことのできない健康保険・介護保険診療の診療報酬のお金の流れを、患者様に都合よく、また、病院や老健施設にとっても都合のよいように変える体制に挑戦され、青木病院関連施設の中で、お金の循環する仕組みを作り上げています。

まだミニマムモデルではありますが、近い将来、日本の医療が国主導でなくなった時、その元祖を目にしたことになるでしょう。

Post has attachment
Public
ビジネスプロデューサーは、華やかなスポットライトを浴びず、プロジェクトの成功のためにその身を光に当てることなく名も知れず、次のプロジェクトに向かう存在である。BPAでは、そうした影に光を当て、次代のビジネスプロデューサーが生まれてくることを願っているのである。

Post has attachment
Public
頑張っているから応援するのでは、小学校の徒競走と変わりがない。その人間の生むプロダクト(商品)に価値を感じるから人は共感する。

Post has attachment
Public
文章制作のための切り替え思考 作家高嶋哲夫氏

Post has attachment
Public
過去の事例を徹底分析し、原理原則を知り、それを応用せよ
「ビジネスプロデューサーは、斬新なアイデアで勝負する」とBPA内でもよく耳にしますが、「無から有を生み出す」ということではありません。 むしろ、「有から有を生み出す」といえます。 つまり、「過去の事例などを徹底的に分析した上に斬新なアイデアが浮かぶ」と考えた方がよいでしょう。そうでないと、単なる思い付きと思われても仕方ありません。 そして、忘れてならないのが「原理原則を知り、それを応用する」ことです。応用するとは、真似るだけでなく独自性を追求することにつながります。 BPA LIVEのソリューション型は、メン...

Post has attachment
Public
ビジネスプロデューサーは、復活する人である
「どういう人たちがビジネスプロデューサーになるのか」そういった問いに対し、BPAに所属するビジネスプロデューサーたちは、十人中十人が「復活する人」と答えます。 なぜなら、大きな失敗の一つや二つ、地獄を彷徨うような経験を持っている方でなければ、真のビジネスプロデューサーにはなれない、と言っても過言ではないでしょう。 もちろん、成功体験も必要です! 今の若い人たちから観れば、ビジネスプロデューサーは遠い存在なのかもしれません。しかし、若くして起業し、精一杯がんばったのに失敗し、復活を目指す若い人たちもいるはずです...

Post has attachment
ビジネスプロデューサーは、事業の売却を前提にした事業化を考える
「ビジネスプロデューサーは、事業を創り、ある段階で事業を売る人である」 その言葉に対し、「君の考え方は間違っている。事業や会社はモノではない。自分のやりたいことや夢に情熱を持って挑戦し続けることを伝えていくべきじゃないか!」という方がいました。 なぜ、事業売却なのか? >>> ビジネスプロデューサーとして活躍されている方から、その考え方をお聞きしました。 私は、自分がやりたいこと、よりも「ストラテジックバイヤー(企業)にM&Aを持ちかけることを前提にした新規事業開発」を考えます。それによって、自ずと事業領域が...

Post has attachment
ビジネスプロデューサーは、必ず出口戦略を考える存在である
46回目のBPAライブのコンセプトは、「EXIT」でした。 EXITといえば、投資家視点が欠かせません。それと、言うまでもありませんが、EXIT(出口)は「投資したお金をどこで回収するか」ということです。 一般的にEXITの方法は二つあります。 一つはIPO(株式上場)。 もう一つは、M&A(企業の合併買収)です。 「ビジネスプロデューサーは、必ず出口戦略を考える存在である」 と言われたら、あなたはその理由を説明できますでしょうか? BPAライブでは、 「経営権に対するこだわりより、事業の成長を第一に考えるか...

Post has attachment
経営コンサルタント vs ビジネスプロデューサー
「経営コンサルタントとビジネスプロデューサーの違いは何か?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか? 「経営コンサルタントはアドヴァイザー、ビジネスプロデューサーは新規事業創造者」と答える方が多いでしょう。 ビジネスプロデューサーは、経営コンサルタントを超えるアドヴァイザーでもあるべきです。 プロジェクトを例に取ります。 ビジネスプロデューサーが取り組むプロジェクトには、自主企画型と請負型と、2種類のプロジェクトがあります。 請負型のプロジェクトは、最初からクライアントの「やりたいこと」がある場合もありますが、...
Wait while more posts are being loaded