Profile cover photo
Profile photo
BFR トレーナーズ協会
9 followers -
BFR(Blood Flow Restriction)トレーニングを安全に、正しく使用し普及させるためのトレーナーを育成します。
BFR(Blood Flow Restriction)トレーニングを安全に、正しく使用し普及させるためのトレーナーを育成します。

9 followers
About
Posts

Post has attachment
BFRトレーニングと成長ホルモン
筆者:山本 義徳

成長ホルモンはその名の通り、身体が「成長」するときに必要とされるホルモンです。脳下垂体前葉のGH分泌細胞から分泌され、191個のアミノ酸から構成されています。

成長ホルモンの主な作用はもちろん「成長」ですが、これはIGF-1(インスリン様成長因子)を介して起こる作用です。成長ホルモンは肝臓においてIGF-1に変換され、このIGF-1が筋肉や骨の発達を促します。(※1)


さらにIGF-1はコラーゲンの合成を促したり髪や爪などを育てたりする作用があります。(※2)成長ホルモンがアンチエイジングに役立つのは、こういった効果によるものです。またコラーゲン合成増加はケガの回復を促進し、リハビリの役にも立ってくれます。

いっぽうで成長ホルモンにはIGF-1を介さない作用もあり、血糖値を高めたり体脂肪を減らしたりすることにより、ダイエッターにとって嬉しい効果をもたらしてくれます。

さて成長ホルモンの分泌はパルス状に起こり、15分ほどでピークに達し、60分ほどで元に戻るというサイクルを一日に8回ほど繰り返します。特に睡眠時に強いパルスが起こることが知られています。

しかし下の図の通り、成長ホルモンの分泌は加齢とともに減少してしまいます。では加齢に負けず、成長ホルモンをしっかり分泌させるにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで血流を制限するBFRトレーニングです。BFRトレーニングを行うことにより、成長ホルモンが大量に分泌されることが確認されています。(※3)
通常のトレーニングでも成長ホルモンは分泌されるのですが、2012年に行われた研究では軽重量でのBFRトレーニングのほうが高重量を用いて行われた普通のトレーニングよりも多くの成長ホルモンが分泌されたという結果が出ています。(※4)

このメカニズムの詳細は分かっていませんが、乳酸が発生しないと成長ホルモンの分泌が見られないことから(※5)、現在の仮説では次のように考えられています。
運動中に血流を制限すると、筋肉に酸素が行きわたりにくくなります。このような状態だと、身体は「解糖系」と呼ばれるエネルギー合成経路に頼ることになります。
解糖系でエネルギーをつくると、乳酸が発生します。そして乳酸が脳下垂体にシグナルを送り、成長ホルモンを分泌させるものと思われます。

成長ホルモンは前述の通りコラーゲンを合成して美しい髪や肌、爪を産みだし、アンチエイジングの大きな武器となってくれます。さらに筋肉や骨を強くしてくれます。
それだけでなく脂肪を合成する酵素の働きを邪魔して体脂肪の合成を減らしたり(※6)、脂肪を分解する酵素を活性化して体脂肪の分解を増やしてくれます。(※7)

若々しくて美しいカラダはBFRトレーニングによって得られます。
さあ、今からでもBFRトレーニングをはじめましょう!


※1:
Regulation of muscle mass by growth hormone and IGF-I
C P Velloso1
Br J Pharmacol. 2008 Jun; 154(3): 557–568.

※2:
Insulin-like growth factor-1 increases synthesis of collagen type I via induction of the mRNA-binding protein LARP6 expression and binding to the 5' stem-loop of COL1a1 and COL1a2 mRNA.
Blackstock CD1, Higashi Y, Sukhanov S, Shai SY, Stefanovic B, Tabony AM, Yoshida T, Delafontaine P.
J Biol Chem. 2014 Mar 14;289(11):7264-74. doi: 10.1074/jbc.M113.518951. Epub 2014 Jan 27.

※3:
Hormone responses to an acute bout of low intensity blood flow restricted resistance exercise in college-aged females.
Kim E1, Gregg LD1, Kim L1, Sherk VD2, Bemben MG1, Bemben DA2.
J Sports Sci Med. 2014 Jan 20;13(1):91-6. eCollection 2014.

※4:
Growth hormone responses to acute resistance exercise with vascular restriction in young and old men.
Manini TM1, Yarrow JF, Buford TW, Clark BC, Conover CF, Borst SE.
Growth Horm IGF Res. 2012 Oct;22(5):167-72. doi: 10.1016/j.ghir.2012.05.002. Epub 2012 Jun 23.

※5:
The role of lactate in the exercise-induced human growth hormone response: evidence from McArdle disease.
Godfrey RJ1, Whyte GP, Buckley J, Quinlivan R.
Br J Sports Med. 2009 Jul;43(7):521-5. doi: 10.1136/bjsm.2007.041970. Epub 2008 Jan 9.

※6:
Effect of growth hormone on adipose tissue and skeletal muscle lipoprotein lipase activity in humans.
Richelsen B1.
J Endocrinol Invest. 1999;22(5 Suppl):10-5.

※7:
Effects of growth hormone on adipose tissue.
Carrel AL1, Allen DB.
J Pediatr Endocrinol Metab. 2000 Sep;13 Suppl 2:1003-9.
Photo

Post has attachment
ピラティスの歴史
筆者:細谷 美加

ピラティスとは何か?という質問に答えるとするならば、ジョセフ・H・ピラティス氏の考案したボディ・マインド・スプリットを統合させた身体をコントロールするメソッドであるといえます。

元々はコントロロジーという名前であったのですが、考案者の名前がついてピラティスというネーミングが浸透したものです。
心と身体を完全にコントロールすることで適切に動くこと、本来あるべき身体のシステムを働かせることを目指しました。
ドイツで生まれたピラティス氏は幼少期はとても体が弱く、あらゆる運動や養生法を試していきました。そしてあらゆる経験を積んで身体は健康を取り戻し、デッサンモデルや解剖学のモデルにもなるくらいまで状態を良くしました。
その後第一次世界大戦のときに収容所にて看護師として働き、戦争っで傷つき戻ってきた兵士たちになにかできることはないか?と考えリハビリベースで考案した動きがピラティスメソッドの根底となるものになります。リフォーマーやキャデラックなどが考案されるきっかけにもなったのです。

そこからNYへ移り自分のスタジオをを持つきっかけを得てアスリートやダンサーたちへ自分のメソッドを教えていくのです。
第一世代と呼ばれる愛弟子たちの身体を分析し、その愛弟子各個人に合う動きをしっかり構築し伝えたことで現在の各流派が存在することになります。

ピラティス氏の身体を見る目は本当にずば抜けていてすぐれていたことでも有名で“このメソッドは50年早かった”とも言っています。
現在では医療分野をはじめアスリートにも取り入れられるメソッドとして確立しています。
パフォーマンススキルの向上リハビリの活用にも生かされていくこのメソッドはこれからもどんどん市場に広まっていくでしょう。

■細谷 美加
https://www.mika-pilates.com/
群馬県、東京を中心に、日本中で活躍。
ライトピラティスアカデミーの認定インストラクター養成講師

#bfr #bfrt #加圧 #トレーニング #血栓 #パーソナルトレーナー #ピラティス

Post has attachment
1月29日(月) BFRベーシック資格取得講座【N1105】(群馬県)
女性の講師によるのBFRトレーナーズベーシック資格取得養成講座です。BFR Air (空圧式ベルト)の講習も同時に行います。女性ならではの視点でお話ししていただけます。
男性のパーソナルトレーナーも、女性のクライアントを多く抱えていらっしゃると思います。女性の先生に習うことにより女性目線も学ぶことができるでしょう。

さらに、細谷 美加先生は、解剖学、ファンクショナルトレーニング、ピラティスまで豊富な知識をお持ちですので、様々なご質問にもお答えいただけると思います。

https://www.bfr-trainers.jp/entry/course/105

#フィトネス #BFRT #bfr #加圧 #トレーニング #パーソナルトレーナー
#trx #ピラティス
Photo

Post has attachment
BFRトレーニングのリスク回避法 Part 4 脂肪の様々な働き

脂肪には様々な働きがある。細胞膜をはじめとした身体の重要な構成物質の材料となり、エネルギー源でもあり、ホルモンの材料ともなり、脂溶性ビタミンの吸収を促進したりする作用もある。
さらには細胞の神経線維を守る鞘の構成物質になったり、血管の内壁を保護したりする作用もあるほか、体温を調節して代謝をコントロールする褐色脂肪細胞もあり、内臓の位置を正常に保つ作用もある。

脂肪には様々な種類があるが、その違いを決定づけるのが脂肪酸だ。タンパク質がアミノ酸からつくられているように、脂肪は「脂肪酸」からつくられている。そして脂肪酸は「エイコサノイド」の材料になる。
エイコサノイドとは、「局部的に働くホルモン様物質」のことだと考えて欲しい。
具体的には血圧や免疫レベル、血液の固まりやすさ、炎症などの微妙な調整や、睡眠の誘発、子宮や気管支など平滑筋収縮の作用などを調節していく。

そしてエイコサノイドは大きく次の3つの系統に分けることができる。

1. ガンマリノレン酸(GLA)からつくられる1系統エイコサノイド
2. アラキドン酸(AA)からつくられる2系統エイコサノイド
3. エイコサペンタエン酸(EPA)からつくられる3系統エイコサノイド

エイコサノイドには善玉と悪玉がある。AAからつくられる2系統エイコサノイドは炎症や喘息の発作を引き起こしたり、免疫を低下させたり、血液をドロドロにしたりする作用があって、悪玉とされる。

いっぽうでEPAからつくられる3系統エイコサノイドは免疫力を増強したり、炎症を抑えたり、血液を固まりにくくしたりする作用があり、善玉とされる。なおGLAからつくられる1系統エイコサノイドには善玉と悪玉の両方が存在する。

つまりEPAを多めに摂取することにより、免疫レベルの向上や炎症の抑制、血行の改善などの良い作用が期待できるわけだ。BFRトレーニングを行うことによる血栓生成リスクは、EPA摂取によって明らかに軽減できる。
EPAからはロイコトリエンB5やプロスタグランジンE3、トロンボキサンB3などが生成される。これらの物質にはAAの働きを抑えたり、血小板の凝集を抑えて血液を固まりにくくしたり、免疫を増強したり、炎症性サイトカインの生成を抑制したりする作用があるのである。(※1、※2、※3)

なおEPAはイワシやサバ、サンマ、アジなどの青魚に多く含まれる。しかし魚油にはEPAの他にもパルミチン酸やミリスチン酸、ステアリン酸など多くの飽和脂肪酸も同時に含まれる。
肉とプロテインの関係と同じように、余計なものを摂取したくない場合はEPAそのものをサプリメントとして摂取するほうが得策だろう。魚が嫌いだったり料理が面倒だったりというトレーニーは、サプリメントとしてEPAを摂取することをお勧めしたい。

※1:
Fatty acids from fish: the anti-inflammatory potential of long-chain omega-3 fatty acids. Nutr Rev 68 (5): 280–9. doi:10.1111/j.1753-4887.2010.00287.x. PMID 20500789.

※2:
n-3 Polyunsaturated fatty acids: Relationship to inflammation in health adults and adults exhibiting features of metabolic syndrome.
Lipids 48 (4): 319–332.

※3:
Effect of marine-derived n-3 polyunsaturated fatty acids on C-reactive protein, interleukin 6 and tumor necrosis factor α: a meta-analysis.
PLOS ONE 9 (2): e88103. doi:10.1371/journal.pone.0088103.



#bfr #bfrt #加圧 #トレーニング #血栓 #パーソナルトレーナー
Photo

Post has attachment
普段は120キロでスクワット。BFRトレーニングでは、たったの5キロでパンプアップ!
筋肉博士 山本義徳先生による指導風景の一コマ。見た目以上にハードです。

#BFR #BFRT #加圧 #トレーニング #パーソナルトレーナー

Post has attachment
BFRトレーナーになるための養成講座です。BFR AIR(空圧式ベルト)の講習も同時に行います。筋肉博士こと山本義徳氏の直接指導によるBFR資格取得は、最も人気の高い講座のひとつ。様々なエビデンスを元にした最新の話も聞くことが可能です。

山本先生は、一般女性からプロアスリートまで多くのファンを持つ、スポーツ界で最も人気の高い方です。常にバージョンアップし、何回聞いても飽きの来ない座学をしていただけます。
https://www.bfr-trainers.jp/entry/course/87
Photo

Post has attachment
1月12日(金) BFRベーシック資格取得養成講座【N1096】(神奈川県)

女性の講師によるのBFRトレーナーズベーシック資格取得養成講座です。BFR Air (空圧式ベルト)の講習も同時に行います。女性ならではの視点でお話ししていただけます。
講師は、各方面で活躍している露木 由美 先生 です。

パーソナルトレーナーとして最高の武器となり、様々なトレーニングと組み合わせてキラーコンテンツを作り上げることができます。

https://www.bfr-trainers.jp/entry/course/96

Post has attachment
1月15日(月) BFRベーシック資格取得養成講座 (大阪府)

BFRトレーナーベーシックになるための養成講座です。ダイエット、筋力アップから高齢者や障害者の生活習慣病改善、機能改善プログラムまで幅広く活躍している魚原大先生にBFRトレーナーベーシックの資格取得講座を開催いたします。

パーソナルトレーナーは、BFRトレーニングを取り入れることにより、キラーコンテンツを作り上げることができます。2018年は、差別化をして競合に差をつけましょう!

https://www.bfr-trainers.jp/entry/course/91
Photo

Post has attachment
最近BFR目立ってるねと、声をかけられるようになりました!とても嬉しいことです。
指導者のレベルももちろんですが、資格取得者が日本中で活躍し始めているからですね!
協会では、ウェブ集客、営業セミナーなども行い会員のサポートを行ってい収入、収益のアップに繋がるように一人一人とのコミュニケーションを大切にしています。

動画は魚原大先生による資格取得講座の様子です。

#BFR #bfrt #加圧 #トレーニング

Post has attachment
中高年のトレーニングには、BFRトレーニングは、なくてはならないものになるでしょう。

軽い重量のトレーニングでも、効果を得ることができ、安全で関節などにも負担をかけることがありません。
BFR Airベルト(空圧式)は、空気の圧により優しく腕や脚を包み込むため、嫌なストレスを体に与えません。
BFRトレーニングで健康寿命をのばしましょう!

#bfr #bfrt #加圧 #トレーニング #健康寿命 #中高年
Photo
Wait while more posts are being loaded