Profile cover photo
Profile photo
インド伝統医学アーユルヴェーダ(Ayurveda)|アーユルヴェーダライフ
720 followers -
インド伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト
インド伝統医学アーユルヴェーダの情報サイト

720 followers
About
インド伝統医学アーユルヴェーダ(Ayurveda)|アーユルヴェーダライフ's posts

Post has attachment
アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(Ayus|生命)」と「ヴェーダ(Veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド・スリランカにおける伝統医学です。
 
アーユルヴェーダは、自らが自身の心と身体の状態を知り、心身共に調和のとれた、健康的な生活おくる方法について教えてくれます。
 
病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持し病気を防ぐという「予防医学」の側面を大切にしています。
 
アーユルヴェーダは、心と身体の繋がりを理解して、自らを癒していく方法(技術)を教えてくれる、インド・スリランカの伝統文化が育んだ「知識」です。
また、アーユルヴェーダはインド・スリランカの「医食同源」ともいわれ、身体の状態に応じて、適切な食べ物とそうでない食べ物についても語られており、日々の生活における実践的な生活医学でもあります。
 
医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、また生命科学の概念も含む「アーユルヴェーダ」。

アーユルヴェーダライフでは、少しでも多くの方にアーユルヴェーダを知っていただけるよう、幅広く情報の発信してまいります。

(アーユルヴェーダライフ)
http://www.ayurvedalife.jp/

Photo

Post has attachment
アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(aayus|生命)」と「ヴェーダ(veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド・スリランカにおける伝統医学です。

アーユルヴェーダは、自らが自身の心と身体の状態を知り、心身共に調和のとれた、健康的な生活おくる方法について教えてくれます。

病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持し病気を防ぐという「予防医学」の側面を大切にしています。
アーユルヴェーダは、心と身体の繋がりを理解して、自らを癒していく方法(技術)を教えてくれる、インド・スリランカの伝統文化が育んだ「知識」です。

また、アーユルヴェーダはインド・スリランカの「医食同源」ともいわれ、身体の状態に応じて、適切な食べ物とそうでない食べ物についても語られており、日々の生活における実践的な生活医学でもあります。

医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、また生命科学の概念も含む「アーユルヴェーダ」。

アーユルヴェーダライフでは、少しでも多くの方にアーユルヴェーダを知っていただけるよう、幅広く情報の発信してまいります。

http://www.ayurvedalife.jp/

Post has attachment
アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(aayus|生命)」と「ヴェーダ(veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド・スリランカにおける伝統医学です。

アーユルヴェーダは、自らが自身の心と身体の状態を知り、心身共に調和のとれた、健康的な生活おくる方法について教えてくれます。

病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持し病気を防ぐという「予防医学」の側面を大切にしています。
アーユルヴェーダは、心と身体の繋がりを理解して、自らを癒していく方法(技術)を教えてくれる、インド・スリランカの伝統文化が育んだ「知識」です。

また、アーユルヴェーダはインド・スリランカの「医食同源」ともいわれ、身体の状態に応じて、適切な食べ物とそうでない食べ物についても語られており、日々の生活における実践的な生活医学でもあります。

医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、また生命科学の概念も含む「アーユルヴェーダ」。

アーユルヴェーダライフでは、少しでも多くの方にアーユルヴェーダを知っていただけるよう、幅広く情報の発信してまいります。

http://www.ayurvedalife.jp/
Photo

Post has attachment
アーユルヴェーダは、サンスクリット語の「アーユス(aayus|生命)」と「ヴェーダ(veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉で、「生命の科学」ともいわれる、インド・スリランカにおける伝統医学です。

アーユルヴェーダは、自らが自身の心と身体の状態を知り、心身共に調和のとれた、健康的な生活おくる方法について教えてくれます。

病気を患ってしまっている場合の治療についてはもちろんですが、そもそも病気になりにくい心身をつくること、つまり健康を維持し病気を防ぐという「予防医学」の側面を大切にしています。
アーユルヴェーダは、心と身体の繋がりを理解して、自らを癒していく方法(技術)を教えてくれる、インド・スリランカの伝統文化が育んだ「知識」です。

また、アーユルヴェーダはインド・スリランカの「医食同源」ともいわれ、身体の状態に応じて、適切な食べ物とそうでない食べ物についても語られており、日々の生活における実践的な生活医学でもあります。

医学知識や医療技術のみならず、生活の知恵や哲学、また生命科学の概念も含む「アーユルヴェーダ」。

アーユルヴェーダライフでは、少しでも多くの方にアーユルヴェーダを知っていただけるよう、幅広く情報の発信してまいります。

http://www.ayurvedalife.jp/
Photo

Post has attachment
「アガスティアの葉に出会う旅(ケララ・レポート番外編)」
(テキスト・写真|アーユルヴェーダライフ管理人)

2015年8月の下旬、南インド・ケララを再び訪れました。

今回の旅は、前回のアーユルヴェーダ・ホスピタルやクリニック施設の視察ツアーとは異なり、夏季休暇とあわせたプライベート旅行として南インドを訪れます。

2年前の視察ツアーでは日程的に実現できなかった、インドの史跡・寺院巡りやアーユルヴェーダ・リゾート施設への滞在なども、今回の旅では予定しています。

そして、色々な方のお話を聞いて以前から気になっていた「アガスティアの葉」、こちらもこの旅のメイン・イベントのひとつとしています。

「アガスティアの葉」とは、数千年前の古代インドにおいて、聖者アガスティアという予言者が残した「個人の運命に関する予言の書」です。

予言は「葉」を開こうとする人の分しか用意されていないとされ、その人の前世・現世・来世までも語るといわれる、まさにインドの神秘そのものです。

予定している「アガスティアの葉」を体験させてくれる場所は、チェンナイから車で2時間程の場所にあり、ケララからチェンナイまでも国内線で1時間半はかかります。

移動・滞在を含めて2日間は必要となり、今回のようなまとまった日程のとれる旅でもない限り、次回はいつ訪れることが出来るのか。

色々と考え、思い切って今回の旅の中でチェンナイ「アガスティアの葉」も訪れることにしてみます。

(続きはこちちから)
http://www.ayurvedalife.jp/agasthiya_nadi.aspx
Photo

Post has attachment
【ギー(ghee)アーユルヴェーダのアヌパーナ】

アーユルヴェーダにおいて、ギーは油分の中で最もすぐれたものとして考えられ、様々な料理や食事療法に使われます。

古典医学書チャラカ・サンヒターでは、ギーの効能について以下のように説明されています。

「ギーは、消化の炎であるアグニを活性化させ、知力、消化力、精力、オージャス(活力)を高める効果がある。またヴァータ・ピッタ・カファを鎮静化させ、各ドーシャのバランスを取ることができるものである。解毒作用や解熱、疲労回復、滋養強壮(ラサヤナ)にも作用し、ギーはその用い方により無数の効果をあげることができる。」

また食用以外でも、マッサージ・オイルや外用薬としても使われる他、ギーはヴェーダの儀式においても用いられ、神像の沐浴や灯明、供物として捧げられます。

※ギーの作り方はこちらから。
http://www.ayurvedalife.jp/about_ghee.aspx
Photo
Photo
2015-04-20
2 Photos - View album

Post has attachment
(アーユルヴェーダライフ・コラム) 
~ 生活の中のアーユルヴェーダ ~

今回のコラムは、ガネーシャ/ブラフ・ヤヨイさんからの「晩冬の過ごし方」です。

消化力が一段と高くなり、カパ(Kapha)の要素が強まるこの時期、インドの乾布摩擦(絹・シルクの手袋で行います)をはじめ、晩冬のセルフケアについてお話いただきました(^^)

http://www.ayurvedalife.jp/column_201501_001.aspx

・  ・  ・

「晩冬の過ごし方」
(テキスト・写真|ガネーシャ ブラフ・ヤヨイさん)

明けましておめでとうございます!!

今年もアーユルヴェーダの知恵を日常に無理なく活かして、心身健やかに楽しく過ごしたいと思います。
ガネーシャ/ブラフ・ヤヨイです。

2015年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

さて年末年始は、楽しいお食事の機会が多いですね。
食べ過ぎて、身体に重さを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

アーユルヴェーダでは寒さ増す冬は、1年の中で最も消化力が高まる時期といいます。

体力の基礎となる栄養を身体に蓄えるのに最適。
普段より食欲旺盛なのも、健康の証です。

が、消化力以上の食事の摂取は、消化の火を弱め、身体に毒素を溜める原因となります。
ご自身の消化力に見合った食事量や、適度な胃休めで、高まっている消化力を保ちたいですね。

消化力が高いこの時期だからこそ、しっとりと重さのある滋養豊かな食べ物を適量いただいて、必要な栄養を蓄え、免疫力を高めましょう。

このように冬は、体力の基礎作りに最適です。
美味しい食事と適度な運動で、1年を健やかに過ごすことができる身体にしたいですね。

そして、特にこれからの時期、適度な運動をおすすめします。
寒さの厳しい時は、温かい場所から動きたくなくなったり、首をすくめ、背中を緊張させ固める姿勢で過ごしがちです。
意識的に動くことで、これからの季節をより快適に過ごすことができます。

アーユルヴェーダでは、晩冬から春にかけて、カパ(Kapha)の要素が強まると考えます。
そして晩冬、身体に増えたカパ(水・地のエネルギー)が蓄積され、春あたたかくなってくると溶け出すように表出するといいます。

カパ(Kapha)は水と地のエネルギーで、重い・冷たい・遅い・ねっとり・しっとりなどの質があります。
※私たちの体内では、結合・安定・維持・蓄積などの働きを行います。

じっとしている、身体を冷やす、食べ過ぎて溜め込むなどの行動は、体内のカパ(Kapha)要素を増やすので、心身の重さやだるさ、停滞感につながります。

春、花粉症やアレルギーがつらい、眠い、だるい、気分が鬱々する、などの傾向がある方は、特に今時期の過ごし方を意識するといいですね。

(晩冬に特に意識しておきたいこと)

・消化力に見合った食事量。
・早起き。
・身体を冷やさない、温める。
・適度な運動を行う。

浮腫(むくみ)を感じたり、身体に重さを感じる時は、ガルシャナもおすすめです。

ガルシャナは、絹(シルク)の手袋で行う乾布摩擦です。
日本の乾布摩擦はもともとインドから伝えられた健康法と言われています。

絹の手袋をはめて、毛穴にさからう方向で、身体をやさしくシャッシャッとこすります。

皮膚がつややかになり血色がよくなります。
身体が軽くなり、活動しやすくなります。

足取り軽く、姿勢よく、素敵な1年のはじまりを楽しみましょう。

ブラフ・ヤヨイ

(ガネーシャ ~ヨガ & アーユルヴェーダ~)
http://www.ayurveda-ganesha.jp/
Photo

Post has attachment
アーユルヴェーダライフ管理人よる「ケララ・レポート/南インド・ケララ州、現地アーユルヴェーダ視察レポート」を公開しています(^^)

(ケララ・レポート/南インド・ケララ州、現地アーユルヴェーダ視察レポート)
http://www.ayurvedalife.jp/kerala_report.asp

・   ・   ・

「ケララ・レポート/南インド・ケララ州、現地アーユルヴェーダ視察レポート」

南インド・ケララ州は、インド大陸の南西部に位置し、亜熱帯の温暖な気候にあります。
パーム椰子のジャングルとバックウォーターに囲まれた、緑と水の豊かなケララは、アーユルヴェーダの治療を行う環境として最適であるとされています。

ケララはアーユルヴェーダの地といっても過言ではなく、一般に「アーユルヴェーダの発祥の地」と言われます。

実際のところ、本来のアーユルヴェーダはヒマラヤに端を発したとされますが、現在のインドにおけるケララ・アーユルヴェーダの広まりは、インド北部を凌ぐほどになっています。

こうした「ケララ・アーユルヴェーダ」の実情について、現地のアーユルヴェーダ医療施設や教育カリキュラムについて視察を行って参りましたので、ご報告をさせていただきます。

※ページ内の小さい写真はクリックしていただくと、大きく表示されます。

(ケララ・レポート/南インド・ケララ州、現地アーユルヴェーダ視察レポート)
http://www.ayurvedalife.jp/kerala_report.asp
Photo

Post has attachment
(アーユルヴェーダライフ・コラム) 
~ 生活の中のアーユルヴェーダ ~

今回のコラムは、AYUR SPACE Laxmi 一丸千尋さんからの「秋の不調を整えるメンテナンスオイル」です。

不安定な気候の秋、不規則な気温で次第にヴァータ性の不調が増えるこの時期に適した、過剰なヴァータを鎮めるセルフケアのオイルマッサージについて、お話を頂きました(^^)

http://www.ayurvedalife.jp/column_201410_002.aspx

・  ・  ・

「秋の不調を整えるメンテナンスオイル」
(テキスト・写真|AYUR SPACE Laxmi 一丸千尋さん)

「アラフォーセラピトの台所薬局Labo」

「健康で美しく豊かに生きる智慧の宝庫」といわれるアーユルヴェーダ。
その中でも、身近な食材やハーブ・スパイスを上手に使って、人々の健康を守り続けてきた「台所薬局」の智慧から、不調を整えるレシピをご紹介いたします。

本日ご紹介するのは、痛みを伴う不調が多くみられる、この季節にピッタリの大蒜と生姜を使ったメンテナンスオイルです。

その前に、すでにご存じの方も多いかもしれませんが、身体の不調を感じるとはどういう事なのか、お伝えしたいと思います。

アーユルヴェーダは、医学でありながら病気の治療だけでなく、病気を予防することを重要視しています。

その病気の治療や予防の軸になっている考えが「トリ・ドーシャ」と呼ばれる生命エネルギー理論です。

アーユルヴェーダでは、宇宙は五元素(空、風、火、水、土)から成り立ち、そこに存在している私たちも、それらの要素が組み合わさってできていると考えています。

この五元素の組み合わせからなる、3つの生命エネルギーを「トリ・ドーシャ」といいます。

・運ぶ、動かす力 - Vata/ヴァータ(風)。
・使い切る、消化力 - Pitta/ピッタ(火)。
・まとまろうとする、結合力する力 - Kapha/カパ(水)。

※ドーシャは直訳すると「腐敗させるもの」とか「悪化させるもの」という意味があります。

それぞれのドーシャは目で見る事はできませんが、個々で生まれながらに持っている割合は異なり、本来備わっている気質や、思考・行動、身体的特徴の違いとしてあらわれます。

この3つのドーシャがバランスされている時に人は健康を維持しますが、本来持ち合わせているトリドーシャのバランスが崩れる時、心身に不調があらわれ、病気になるといいます。

ドーシャは全てのものに働いているため、食生活や生活習慣、加齢のみならず、季節の変わり目などもドーシャを乱す要因として考えられています。

不安定な気候の秋は、初秋は夏の暑さの残りでピッタを乱し、秋の深まりが進み、秋晴れの合間に台風接近など不規則な気温で次第にヴァータ性の不調が増え、私たちの体調に大きく影響を及ぼします。

ヴァータ性の不調として考えられるのは・・・、

・腰痛、関節の痛み。
・筋肉のこわばり、緊張。
・不安定さ、不安、恐れ。
・不規則で少量の月経。
・腸にガスが溜まりやすくなる、など。

日中との気温差で過剰になったヴァータは、ヴァータの座とよばれる体内で多く存在している部位「大腸」「骨盤腔」「腰」「腿」「骨」「耳」「皮膚」「神経系」へ蓄積されていき、それぞれの場所で身体の不調となってあらわれます。

この過剰なヴァータの落ち着かせる方法としておすすめしたいのが、オイルマッサージです。

オイルでマッサージすることで、ヴァータの持つ性質、「軽い」「冷たい」「乾燥」「不規則」「粗い」が安定します。

オイルマッサージというと、ちょっと面倒なイメージですが、ヴァータの蓄積されやすい部位に絞ってオイルを塗る、と考えると、なんだか出来そうな気がしてくるから不思議です。

このアーユルヴェーダの智慧を通じて、疲れを溜め込まないセルフケアの第一歩を、楽しく踏み出して頂けたら幸いです。

・  ・  ・  ・

「激臭御免?! ~秋の不調を整えるメンテナンスオイルの作り方~」

ヴァータを整えるのに適しているセサミオイルをベースにした、血液循環を促す生姜とニンニクを使ったオイルです。

※加熱過程で煙が出て焦げてしまった場合は絶対身体に塗らないでください。
※肌に異常を感じた場合は、すぐに洗い流して使用をやめてください。

(用意するもの)

・鍋 / 小さめでホーローかステンレス製のもの。
・密閉できるガラス瓶。

(材料)

・太白ごま油 / 200ml
ニンニク / みじん切り、小さじ1
ショウガ / みじん切り、小さじ1

作り方は、とても簡単。
鍋に材料をすべて入れ、ごくごく弱火で加熱。

ニンニクと生姜が「茶色くなったら」出来上がり!

茶色くなったらって・・・、このザックリ感、さすがはインド。

食欲をそそる香りが立ち込めるキッチンで、焦がさないように目を見張ること約40分でオイル完成。

オイルが冷めたらが密閉ビンに入れて常温保存(保存目安は約1ヶ月ほど)。
大蒜と生姜は沈殿するので、ビンに一緒に入れてOKです。

(使い方)
首や肩、腰などに、少量(ティースプーン1杯くらい)ずつ、塗り込みます。
湿布をした時のような、スーッとした清涼感のあとポカポカに。
いつの間にか「スッキリ!」「軽やか!!」「臭いがクセになる?!」。
常備しておきたくなるメンテナンスオイルです。

・  ・  ・  ・

【生姜 ショウガ】
生姜はサットヴァの性質が最も大きい最良のスパイス。
「普遍的な薬/ヴィスワベサージュ(Vishwabhesaj)」と呼ばれています。

消化や呼吸器疾患によく用いられ、関節炎や心臓の強壮剤としての働きもあります。
腸内ガスを消散させ冷えによる月経痛や腹痛にも効果的。

【大蒜 ニンニク】
大蒜のサンスクリット名は「ラショナ(Rashona)」といい、酸味以外の6味を全て含む「一つの味を欠く」という意味です。
強力な若返りのハーブですが、熱性のため血液を憎悪させ出血を起こすことも。
精神的な作用は、安定を増す一方で、精神を鈍化させる事があるため、ヨーガを実践している方には良いハーブとは言えないかも知れません。

AYUR SPACE Laxmi 一丸千尋

(AYUR SPACE Laxmi)
http://www.laxmi-ayurveda.com/
Photo

Post has attachment
(アーユルヴェーダライフ・コラム) 
~ 生活の中のアーユルヴェーダ ~

今回のコラムは、カナディール 朝倉智美さんからの「私たちの五感『鼻と香り』」です。

アーユルヴェーダにおける5元素「地」と嗅覚についての関係や、家庭でもできるアロマテラピー(芳香療法)や香りを利用したセルフケアについてお話を頂きました(^^)

http://www.ayurvedalife.jp/column_201407_002.aspx

・  ・  ・

「私たちの五感『鼻と香り』」
(テキスト・写真|カナディール 朝倉智美さん)

こんにちは、アーユルヴェーダセラピストの朝倉智美です。
第3回目は私たちの「鼻と香り」についてです。

アーユルヴェーダでは、鼻にある嗅覚を通して、私たちは5元素の1つ「地」元素を取り込んでいると言われています。

香りと言えば、アロマテラピー(芳香療法)がありますが、今や百貨店に行けば数社のアロマテラピーの店舗が入っている時代となり、気軽に香りを楽しめるようになりましたね。
アーユルヴェーダ同様、海外ではアロマテラピーも医療として認めている国もあります。

北海道・富良野のラベンダーは有名ですが、ちょうどこれから見ごろに入ります。
アロマテラピーという言葉が出来たのは実は最近の事で、20世紀、フランス科学者ガットフォセが研究中に大やけどを負い、ラベンダーで回復した事がきっかけとなり作られたといわれています。

それより、もっと以前にアーユルヴェーダでは、古くから芳香植物を重要とみなし、新鮮なハーブや乾燥ハーブを混ぜ合わせたり、植物ジュースを作っていたそうです。

陶磁器や焼き物を使った「水蒸気蒸留法」は3000~4000年前に完成していたと言われていますが、アーユルヴェーダがアロマテラピーの発展に影響を与えたともいわれます。
※「水蒸気蒸留法」とはエッセンシャルオイルを作る方法で、現在の多くのエッセンシャルオイルがこの方法で作られています。

上記写真のナツメグは世界四大スパイスの1つですが、肉料理や焼き菓子でも活用され、シャープでスパイシーですっきりとした香りがします。

香りを嗅ぐと、脳の大脳辺縁系にダイレクトに刺激が行き、知的脳の大脳新皮質を通さず、本能的な感情や食欲などに働きかけ心身を調整します。
嗅覚は五感の中で、もっとも原始的で本能的な部分とされています。

仕事で煮詰めてしまい頭を使い過ぎた時や、家事・育児でイライラしてしまった時など、家庭でもエッセンシャルオイルを手軽に利用してケア出来るところが魅力です。

香りの選び方としては、

・時間帯
・季節
・心や体(トリグナ・トリドーシャ)

など、上記に合わせて選ぶ方法がありますが、今回は、日常生活に取り入れやすいよう、時間帯に合わせてご紹介いたします。

朝からお昼の活動時間には、

刺激作用のある、レモングラス・ペパーミント・ローズマリー・ユーカリ・ティートリー

夕方から活動がペースダウンする就寝までの時間には、

鎮静作用のある、カモミール・ローズ・ラベンダー・サンダルウッド・フランキンセンス・ゼラニウム

と、活動時と休息時に使い分ける事で心身のコンディションが整い、生活のリズムが整いやすくなります。

香りを取り入れて、不眠症ぎみだった方が良く眠れるようになり、朝もすっきり起きられるようになったと聞きますが、香りの驚くべき作用ですね。

【取り入れ方法】
1. 沐浴(お風呂に入れる) / 5滴以下でお風呂に入れよくかき混ぜてから入浴。
2. 足湯・手浴 / 3滴以下で洗面器に入れ部分的にお湯につかる。
3. 蒸気吸入法 / 3滴以下でマグカップや洗面器にお湯をはり蒸気を吸入。
4. 芳香浴 / 1~2滴ティッシュペパーに垂らしデスクに置くか、専用器具を使用して拡散させる(器具により使用量は変わります)。

写真左上:アロマディフューザー/お部屋全体に広範囲に香らせる専用器、6畳に対し3~6滴が目安です。
写真右下:アロマストーン/器に入れ2~3滴を目安に自然蒸散させます。
このようなタイプは玄関・洗面所などの狭い範囲向きです。
エッセンシャルオイルとセットしこのまま枕元に置いてもいいですね。

香りを少し気にとめてみると、意外にこんな香りが好きだったんだ!
と発見があります。
自然な草木やお料理まで、日常に新しい発見をしてみてください♪

最後までお読みくださりありがとうござました。

カナディール 朝倉智美
(私事で恐縮ですが、仕事名を旧姓:樋山から新姓:朝倉へと変更しています)

(ホームページ)
アーユルヴェーダサロン・カナディール
http://ameblo.jp/kanadeal/
Photo
Wait while more posts are being loaded