Profile cover photo
Profile photo
Akira Nagata
210 followers -
うっかり日本酒の虜になってしまった愛知の酒好き
うっかり日本酒の虜になってしまった愛知の酒好き

210 followers
About
Akira's posts

Post has attachment
由紀の酒-日本酒談義-更新情報。
由紀の酒YouTubeチャンネルに、
結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦雫酒
をUPしました。

#日本酒 #sake #結ゆい

Post has attachment
由紀の酒-日本酒談義-更新情報。
日本酒ガイド>青森県の、
豊盃(ほうはい)三浦酒造株式会社に
「純米大吟醸」レインボーラベルと「純米大吟醸」蔵限定
をUPしました。
http://www.yukinosake.com/02-houhai/ #日本酒 #sake #豊盃

Post has attachment
由紀の酒-日本酒談義-更新情報
日本酒ブログ(由紀の酒)に
九谷焼の平盃(3号)
をUPしました。
「ちょっくら轆轤(ろくろ)をまわしてくるわぁ」ってことで、
加賀伝統工芸村「ゆのくにの森」へ行き、自作した平盃です。
五彩と言う特徴もないのでわかりにくいですが、
九谷焼です。
約3号の大き目の平盃♪。
これから燗がまた楽しみになりそうです。

Post has attachment
 いつもの一合蛇の目猪口に、八分目ほど注ぎます。綺麗な透明感、色はほとんどついていません。

 上立ち香は、程よく華やかに、りんごを思わせるように香ります。好きなんですよね~、この香り!。南部美人を思いだすような、爽やかな吟醸香です。

 含むと、亀口直汲みの派手なパフォーマンスではなく、随分落ち着いた美しさを感じさせるファーストコンタクト。程よい程度に引き締まった甘味が上品です。いい酒だなぁ♪、さすがです。

 もう一度注意深く含む。亀口直汲みの、天使を思わせるような女の子は実は5~6年前の映像で、雫酒となった今は美しく成長し、その辺にいたら驚くような綺麗な娘さん。どことなく面影はあるが、いきなり成長した姿は何故かはわからないが、失われてしまったものもあるような…。何だろう?、この喪失感。結ゆいを自宅で飲むのはこれがまだ3本目と言う自分では、「どれだけ私のことをわかっているのよ。」と言われそうだが…(笑)。昨年のユニバのCMに出ていた森崎美月ちゃんと、先代の川島鈴遥ちゃんを比べるようなものか。いずれにしても間違いなく、旨いっす。

 価格や詳しいデータはブログを参照してくれぃ。

Post has attachment
由紀の酒-日本酒談義-更新情報。
日本酒ガイド>福井県の梵(ぼん)合資会社加藤吉平商店に、
団(だん)と地球(ほし)のラベルをUPしました。
http://www.yukinosake.com/20-born/ #日本酒 #sake #梵

Post has attachment
由紀の酒-日本酒談義-更新情報。
由紀の酒YouTubeチャンネルに、
結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」備前雄町亀口直汲み無濾過生原酒
をUPしました。
#日本酒 #sake #結ゆい

Post has attachment
 いつもの一合蛇の目猪口に八分目ほど注ぐと、うっすらと濁っています。

 上立ち香は、程よく華やかに、りんごを思わせるように香ります。Best of the year 2016になった結ゆい(むすびゆい)「純米吟醸」山田錦亀口直汲み無濾過生原酒が蘇るようです。爽やかな風♪、イイ!。

 含むと、来た来た、ジュワっと来ました。両手いっぱいにつかんだピンクの花びらを、開いて「ふぅ~」っと息を吹いたように、一気に目の前は花びらで覆われます。何とも楽しい甘味の膨らみ。僅かなガス感は後から来て、甘味をさらえて行きます。

 もう一度注意深く含む。自分の中にイメージとして残っている山田錦は、もう少し引き締まっていましたが、備前雄町はやや枠をぼかし膨らんでいます。これがまた可愛らしい。甘味堪能いたしました。旨いっす。

 価格や詳しいデータはブログを参照してくれると嬉しいっす。

Post has attachment
由紀の酒-日本酒談義-更新情報。
由紀の酒YouTubeチャンネルに、
豊盃(ほうはい)「純米大吟醸」豊盃米仕込生酒レインボーラベル
をUPしました。

#日本酒 #sake #豊盃

Post has attachment
 上立ち香は、穏やかで梨を思わせるように香ります。吟醸グラスに移し替え、スワリングして見つけた香りです。

 含むと、お?、先日の純米大吟醸の蔵限定に通じるような旨み主体で、甘味は少な目。磨き込んだ綺麗さから酸や味も多くはなく、スッキリと切れていきます。なかなかに美しい。

 もう一度注意深く含む。拒絶されると甘味を求めて追いかけたくなるもので、いろいろとツンツン突っついたりするが、なかなか崩れてきません。僅かとは言え、酸で枠を形成しています。さらに甘えながらツンツンしていると、常温まで来たところでようやく見せてくれた笑顔。「もうしょうがないなぁ♪」と言う表情。とろけそうです。

 二回目のデート、開栓3日後です。開栓直後より香りも開いたのか、マスカットを思わせます。含むと、僅かに増したかと思われる甘味。しかし基本線は変わらず、背筋は伸び、顎を引いているラインが美しい。旨いっす。

 価格や詳しいデータはブログを参照すると、すごーい!たっのしー!日本酒フレンズです。

Post has attachment
昨年の今頃は、こんなお酒を飲んでいました。
雨後の月(うごのつき)「純米吟醸」山田錦無濾過生原酒。
このお酒も美味しかったんですよね~、また飲みたいっす。
http://www.sakeblog.info/ugonotsuki-junmaiginjo-yamadanishiki-murokanama/
#日本酒 #sake #雨後の月
Wait while more posts are being loaded