Profile cover photo
Profile photo
菅智晃
2,376 followers -
独立起業コンサルタント/小資金マーケティングプロデューサー。自社を含め、現在8社の役員を兼任。
独立起業コンサルタント/小資金マーケティングプロデューサー。自社を含め、現在8社の役員を兼任。

2,376 followers
About
Posts

Post has attachment
今回の休日会議を収録した土曜日は、三方塾(菅クラス)の初講義。三方(みかた)塾とは、ニーズマッチ創設者の手嶋さんが主催するビジネススクールです。そこでわたくし菅智晃は特別顧問として9月よりお仲間に入れていただきました。今年の4月から実業の方々との輪をどんどん広げようと思って、そこから半年。未知の領域ではありましたが、半年経った今、たっくさんのお知り合いが出来ました♪

三方塾に参加している方々の大半は、リアルでお客さんを獲得していて、WEBの活用はこれから!という状態です。僕自身も、体系立てて0からWEBマーケティングを説明していく良い機会となり、月1回の密かな楽しみが増えました。マーチャントクラブと同様に、懇親会がめちゃくちゃ楽しみで大きなモチベーションになっています。

三方塾の会員さんは、各講師が開催している講義に好きなだけ参加する事ができます。各講師は月1回勉強会を開催しているので、講師の数だけ参加できる講義があるという仕組みです。どの講義に参加すれば良いか迷わないように、入会時はコンシェルジュとの面談もあります。会員さんは興味のある講義を好きなだけ選んで参加できるスタイルは、名古屋のタスクールさんと似てますね!

WEBマーケティングを学ぶ、インターネットで販路を構築するというのは、想像以上にハードルが高いと感じている方が多いです。何からどう学んだらいいんだろう‥。覚える事が多すぎて‥今うまくいってる方法(リアル集客)だけに落ち着いてしまう‥。何が本当で何が嘘なのか?情報の取捨選択が難しい‥。などなど。

この時僕は「インターネットはウインナコーヒー状態」という言葉が頭に浮かびました。検索エンジンで「ウインナーコーヒー」と検索すると、次のような画像検索結果が出てきます。


上記の中で正解は1つだけ。それ以外は間違いです。僕らはウインナーコーヒーが何だかわかるので、ウインナーが入っているものはネタだとすぐにわかります。が、それがマーケティング手法やノウハウの話になると、情報の取捨選択難易度が一気に上がります。瞬時に取捨選択ができるようになるのは一朝一夕ではいきません。

霧で周囲が見えない中を歩けと言われても怖いですよね。そうなると、普段各々がリアルで実践している勝ちパターンにとどまるというのは凄くよくわかります。そこで、僕自身がガイドになる事で、思う存分に実践環境の中で歩き回り、走り回ってもらおうかなと考えています。WEBとリアル。販売力の向上において、この垣根は早々に取っ払ってしまった方が良いです。その方が手札が広がり、戦術の幅が広がります。

WEBに精通している人たちへの講義、WEBをこれから味方にしていこうとしている人たちへの講義。いいずれにしても僕の中での共通項は、難しい話しであればあるほど、入り込みやすいようにエンタメに寄せていく事。この日は参加者全員のfacebookタイムラインを見て、1人1人の新規ビジネスモデルを事前に考えて準備していきました。完全に趣味の範疇ですが、これをやる事で「僕自身が1人1人にめちゃくちゃ詳しくなる」というメリットがあります。そのメリットは…懇親会で本領発揮です♪

21日はいよいよマーチャントクラブも3周年!!実際に会って伝えて、懇親会で思いっきり話して、気づけば朝になっちゃうような、一件アナログすぎるかもしれないこの生活が、心の底から楽しいなと感じてます。

それでは、本日の休日会議をお聴きください!
Add a comment...

Post has attachment
実業の方々の中には、WEB(インターネット)を活用してビジネスをしていく事に、高いハードルを感じているケースが非常に多い!今年の春から実業家の方々を対象に複数回登壇して感じた事です。

WEBを活用する事でさらなる展開が期待できるというのは感じていても、Facebookや広告で流れてくるのは「怪しい夢物語」のプロモーションが大半で、どうしても懐疑的に思ってしまうと。これは凄く気持ちがわかりますし、実際低レベルで下品なオファーが多いのも事実。

販売者(サービス提供者)はもちろん問題ですが、つい購入してしまうお客さんのリテラシーもかなり深刻です。株式会社アイマーチャントは、これまでにも少人数制でこの問題を抱えている人達をクリアにしていきました。

学びたい気持ちはあるけど、誰から学べばいいのか?様々なテクニック方法のセミナーがあるけれど、何から学べば良いのか?実際に足を運んでセミナーに行ったり、塾や講座に入っても「正直さっぱりだ…」という声をいくつも聞こえて来る中で、僕の答えは一つ。

そこで、僕だったら何を勧めるのか?を今日の休日会議でお伝えしていきます!実践環境の中で学ぶ事が1番成長も早く、初心者どうこう関係なく、コンテンツの制作から販売まで、一通りの体験をしてしまうのが良いです。

また、今の実業と直接結びつけるという視点ではなく、一度実業と切り離して、制作と販売の過程を経験するだけで見違えるほどスキルアップしていきます。さらに、直接指導できるくらいまで落とし込む事で、自身のビジネスはもちろんの事、あなたの同業種の人たちに教えて導くという新たなキャッシュポイントも作る事ができます。

今日の僕と健太の後半の話に興味が湧いた方は、ぜひ一度LINEからご連絡ください。アンケート段階なのでお気軽にメッセージをいただけたらなと思っています。
Add a comment...

Post has attachment
カメラマンやデザイナーが利益をあげていくための集客方法について、本日は海江田和記さんからご質問いただきました。現在の海江田さんの施策でも毎月数十万円が生まれる仕組みになっていますが、ここからさらに伸ばしていくための方法を、休日会議に質問してくれました♡ありがとうございます。

質問の内容は下記です。

--

現在カメラマンのクライアントがいまして、今は私が運営するOECでの入会特典にして私から1人○万円を払って収益をたててもらっています。(それだけでも現在、月収○○万〜○○万円を稼げてはいます)

私からの指導法としては他のコミュニティ運営者やスクール運営者にアプローチしてプロフィール撮影を特典で付けてもらう形でジョイントしていきましょうという話をしているのですが、カメラマンやデザイナーなどが収益を上げていくための集客方法について良いアイディアや過去の事例などががありましたら是非、教えていただきたいです!

--

余談ですが、海江田さんが運営しているOEC(オンリーワンエキスパートクラブ)は、兎にも角にもクライアントがガンガン結果を出しているクラブです。その背景には半端じゃない海江田さん自身の検証量があります。マーチャントクラブの講師として今年の5月に登壇していただきましたが、クライアントさんが毎月数百万と利益を上げているのも納得でした。

さあ!そんな海江田さんからのご質問!今回は、僕や健太だけではなく、株式会社KNOCKの加藤芳郎さんをゲストに招いてお届けいたします。(ちょうど事務所で打ち合わせをしていました。)加藤芳郎さんは、まさにカメラマンとしてスタートして事業を展開してきた経緯があります。芳郎さんにも海江田さんの質問をそのままぶつけてみました。

ちなみに僕の場合だったら、集客労力を0にして、作業労力を最小限にした展開方法をお勧めします。そこで収入基盤を作って、自身が形にしたいクリエイティブ業に薄利でも没頭できる!という余裕も生まれて、その余裕がさらなるステージへと繋がります。

いつしかWEBデザイナーの金子徹郎さんをゲストに迎えて話をした事あるのですが、単月1,000万を優に超える事に成功しました。毎月…とはいかないのですが、展開次第では「時間」を十分に確保しながら利益を積み上げる事ができます。

本日休日会議は友人の結婚式の振り返りから始まり、本題へと移っていきます。それではお聴きください!
Add a comment...

Post has attachment
休日会議では、クリエイターのステップアップ方法について、海江田和記さんから質問をいただいていたのですが、今回は既に2本収録済みだったため次週お答えしていきます!

今回は情報発信についての感想をいただき、そこから話は広がっていきます。こんな事を書いてもいいのかな…と考えてしまって引け目を感じちゃう時は「真逆の意見の存在をあらかじめ受け入れる事」です。

存在を受け入れる(認識する)だけであって、自身の意見を他者に左右されて変えるという事ではありません。誰からも好かれる人を嫌う人もいる…という矛盾が生じる言葉ですが、ニュアンスは感じていただけるかと!

そんな中で僕が意識しているのは「ユーモア」で満たすという部分!自分の中でこだわりを1つ持つだけで、文章は得意と言い切れない僕でも、発信は楽しく続ける事ができています。

それでは本編をお聴きください♪
Add a comment...

Post has attachment
東久留米駅近辺にあるカフェ。おそらく東久留米で最も細長いお店だと思います。現在は閉店しているのですが、このかなり制限された敷地内でカフェを開こうと思った店主の思い、情熱を想像していたら、益々地元のお店に何か自分のスキルを貢献できないかとメラメラ燃えてきました。

さて!今週の休日会議はいつもと少し違います。

僕は知識の幅を一気に増やすような事が定期的にあるんですが、知識を増やした瞬間は「着地点をどこに持っていくか」で迷走することがあります。と言っても、後ろ向きな悩みではなくて、何かのクイズやお題を出されて頭をクルクルと回転させ続ける期間。

どれだけ何を学んでも、小学生でもわかるようなシンプルな答えに持っていく事で「行動」へと昇華するのですが、今回の休日会議は「ちょうど知識を広げて混乱気味の菅智晃」をお届けします。笑

この記事は、音声収録から2日後に書いているので、考えはある程度まとまってきました。

学びたい欲求や好奇心には素直にしたがって、とことん深堀していくのは自己満足だけれど、いずれ学んで実践してきた布石は、どこかで回収されるかもしれないという楽しみもあります。なので、学びや検証は新しいゲームを発見したかのように、感情の赴くままにとことん追求モードでいこうと!

もし、僕自身が「10」の知識があるとして、クライアントに一定の結果を出してもらう事を考えた時、常に「2〜3」の知識や体験の放出で導けるとしたら、さらにそこから先のステージにも案内していける余裕が出来ます。自己満足の深堀と未知の体験の繰り返しは、学校の勉強で言えば予習の先取りのような感覚なのかもしれません。

また、普遍的な部分を除いて「今最適な方法」というのは、常時変化します。わかりやすい例で言えば、日本人がメインで活用しているSNSがmixiだった頃と、現在のように多岐にわたる場合では「広告出稿」1つとっても最適な打ち出し方は変わってきますよね。

ライトな部分だと、WEB上で第三者の時間を5分貰うというのも難しくなっている中、FacebookライブやFacebookメッセンジャーBOTのような仕組みも、アレだコレだと試行錯誤する楽しさを感じます。

ちなみに、あの方法は短期的で未来がないとか、あの方法はいずれ使えなくなる…と言って、見向きもせずにスルーするのは大きな機会損失です。普遍的な積み重ねと平行するのはデフォルトで、1年でも2年でも、いや半年でも超有効活用できるものは「+α」の要素と割り切って、どんどん使っていった方が伸びが早いです。

もちろん、飛び道具的な方法だけを集めても、基盤がぐらついていたら難しいのですが、コツコツとやっていくものと、マリオカートの「キノコ」のような短期的ブーストをうまく組み合わせる事をおすすめします。

‥と、本編の音声とかけ離れた記事になってしまいましたが、本日の休日会議もぜひお聴きください。
Add a comment...

Post has attachment
岡山遠征の後日談を…と考えていたのですが、今回はご質問とご感想を合わせて4件!ありがとうございます。

休日会議のPodcastは、菅智晃と小川健太の対話をお届けしていますが、「1人で配信する時ってどうすれば良いか?」というご質問をいただきました。実は僕…1人で録音するのが苦手で、対話形式以外での収録は過去数回しか経験がありません。Youtubeは動画ですが、1人語りの人も多いので凄いなと。

特典音声や緊急の告知などで、1人で音声を収録した事はありますが、なんかこう相槌をしてくれる人がいてこそリズムが生まれるというか、「間」が出来ることに関して若干の恐怖に似た気持ちがあります。でもでも、せっかくいただいた質問に関して、実体験を元に考えてみました。

僕が1人でやる場合は、数分間に短くまとめて1センテンスをビシっと語って終わりにします。収録の中身以前に、「え?」「どうして?」と思ってもらえるタイトルにして、その答えを音声で配信するようなイメージです。休日会議とはまったく違う流れですね。笑

講座や教材のサポートをしている時、メールの質問に対して音声で返信していた事があったので、Podcastでもそのスタイルをそのまま継承して、刺さる可能性が高いであろう問いに対して答えを提供する流れを取れば、リスナーの興味が持続しやすいです。

他にも「小さくて強い会社の作り方」に書いてある「商品価値のPEI」についての質問もいただきました。「商品価値のPEI」の概要はざっくりと下記にまとめました。

お客さんを中心に考えるということは、お客さんにとっての商品価値を上げていかなくてはなりません。商品の価格はこちらでつけることができますが、商品の価値は個々のお客さんが決めるものであり、これは何をどうしようと覆ることはありません。そこで、商品価値を上げていくための3つの要素を意識しておきましょう。

お客さんにとっての商品価値は、提案価値、体験価値1人で音声収録をして配信。あなたなら何をどう録りますか?、感動価値の3つです。[提案価値(Proposal value)]【体験価値(Experience value)】【感動価値(Impression value)】の3つの価値がすべて合算されて、お客さんにとっての商品価値となります。頭文字を取って「商品価値のPEI」と名付けました。あらゆるビジネスを継続させるための要となります。

質問をたくさんいただけて話が広がったので、岡山勉強会後日談は次週お届けいたします!!!それでは本日の休日会議をお聴きください。
Add a comment...

Post has attachment
2015年から毎年1回、岡山県で勉強会を開催しています。今年で3年目となりました。講師はお二人。どちらの方も岡山県が拠点です。そして、僕と10年来の盟友であるゲストも岡山在住。年に1度の岡山を皆で満喫する日なのです!

菅智晃、小川健太、井坂光博の3名は2泊3日で向かいます!宮島に鹿を見に行きたいんです。照(岡山じゃないじゃん!という話はちょっと置いておきましょう)

さて!今年の岡山勉強会の内容は、例に漏れず東京開催だったら…という声が出てくるほど濃厚です。さっそくみていきましょう!
Add a comment...

Post has attachment
先週のマーチャントクラブ勉強会は、海江田さんの初登壇!歴代講師陣の中で、一番服装がビシっとしているのが印象的で、健太は筋トレし過ぎで服がピチピチだし、僕はダルンダルンの体型で逆に服がピチピチだし…。照

さて!Facebook広告で30倍以上の費用対効果を実現させた、海江田さんの1人完結型プロモーション。素晴らしいセミナーでした。参加者をセグメントして既にバリバリとプロモーションを打っている人にすれば、数十万円出しても大満足の内容だったと個人的に感じています。いやもうほんと、海江田さんファンが大勢いるのも納得!

プロモーションの工程で、フォーム登録直後から1対1のオファーをするというのは、早すぎると考える方もいるかもしれませんが、興味関心を持ってくれた直後に1人1人合わせた提案をしていくのは結果として非常に効率的。LPのセグメントをしっかりとする事で、強い興味の方々のみを対象するのもポイントです。
Add a comment...

Post has attachment
本日の休日会議は、昨日の勉強会直前に池袋のベローチェで収録してきました。インターネットが身近になる事で起きた「ブームの再燃と細分化」について。相談者の中で感じた「本質発見機状態」に陥って迷走してしまうケース。そして、WEBとリアルの壁は経営者側が作っているという話など、広範囲に渡って直近の出来事をお伝えしています。

WEBとリアルに垣根を感じているのはビジネスをしている人たちで、一歩外に出てみると若者はもちろんの事、商業施設を利用している人たちを見ていると、彼らには垣根を感じません。もっと言うと融合という言葉すら「何を今更」感がある状態。

壁を作って選択肢を狭めている場合ではなくて、インサイドセールスの仕組みを充実させる事は、事業規模やジャンルに関係なく取り入れていく事で、一段と視野の幅が広がっていきます。
Add a comment...

Post has attachment
GW最終日は、午後1時に健太と我が家で休日会議の収録を行いました!写真は「いざか家とわ」です。(ハルピスの撮影で、マイスタイルコーディネーターひゆき君がこの後に合流)。

GW中には作業に没頭しながらも、事務所で色々な方々が訪ねてきてくれて、ビジネス談義という最高の花を咲かせながら過ごしていたのですが、その中でいくつかアドバイスしてきた事をシェアしていきますね。

営業スキルのある人が、WEB展開する上でどんなスキームを組むと「引く手数多の存在」になれるのか?今回の休日会議では、この部分だけでも聞いてもらえると開ける道があるかと思います。また、自分自身に営業スキルの自信がなかったとしても、営業が得意な人とのパートナーシップでいくらでも応用できます。

商品やサービスの価格帯によっては、WEBプロモーションはターゲットのセグメントを中心に、対面というケースも増えています。この対面においてはリアルで営業経験を積んできた人たちのスキルが圧倒的。WEBセールスの歴史以上に、対面営業の歴史は長く、知れば知るほど洗練されていると感じました。

詳しくは休日会議の中でお伝えしていますが、自ら未開の地に足を踏み入れる事で、こんなにも発見が多いのかと。ゲームも、説明書を読むより実際にやってみた方が上達が早いのと同じで、体験に勝る吸収はありません。
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded