Profile cover photo
Profile photo
石毛和男
70 followers -
日本一日の出が早く見られる銚子に住んで、女性を美しくするきものを販売しています。
日本一日の出が早く見られる銚子に住んで、女性を美しくするきものを販売しています。

70 followers
About
Posts

Post has attachment
Add a comment...

Post has attachment
Add a comment...

Post has shared content
10日前に、7歳の孫の急な嘔吐と40度の発熱。 7日前にその母親の嘔吐と下痢。そして弟の激しい嘔吐と下痢 そして数日前から女房の激しい腹痛に始まった下痢と激しい嘔吐。 そして今日息子が激しい吐き気で様子見のため未出社。 数年前のインフルエンザ並みの流行のようだ。 一見風邪のような症状なので風邪かと思って受診すると胃腸炎だと診断。 真央ちゃんも胃腸炎だったようだ。 それでGPファイナル6位もうなずける。 浅田真央、胃腸炎で帰国の途に エキシビション取りやめ…
Add a comment...

Post has shared content
平安神宮の裏手にある聖護院のわき道を入った河道屋養老は老舗そば屋。 冬はここの「養老鍋」がとても温まる。こんな風情のある暖簾をくぐってみました。 京都情緒のあふれる佇まいで玄関までのアプローチは風流人の住む庵(いおり)を訪ねる風情。 鍋といってもふぐちりや寄せ鍋のようにぐつぐつ煮込んでいただく鍋とは違い、地元老舗の湯葉や生麩、九条ねぎなどの京野菜など厳選された京都の具材を使用していてさっと煮込んで野菜の新鮮さを味わえる。 〆はうどんとそばの両方を同時に楽しませてくれる。…
Add a comment...

Post has shared content
今日はお気に入りの焼き鳥屋さんを紹介します。 もう15年以上前、東京日本橋での会合や仕事が多かった時代によく利用させてもらったお店。 久助。よくある普通の焼き鳥のようですが、さにあらず。 ・料理がきれい。 ・うまいお酒がある。 ・鳥以外のメニューも多い ・もちろんであるが焼き鳥がうまい。 その理由は ふっくらしたジューシーな鶏肉がたっぷりと串に刺してあって見ても食べても豊かな気持ちにさせてくれる。どうですか?このぎゅっと串に詰まった鶏肉のふくよかなこと。…
Add a comment...

Post has shared content
私自身は腰痛持ちではないと自覚しているのだが、過去においてぎっくり腰になった回数やその頻度を見てみるとやっぱり腰痛持ち(持病=腰痛)ということになるかもしれない。…
Add a comment...

Post has shared content
先日は仕事仲間で特に懇意にさせて頂いているつくば市の「舞ん」さんが店舗を改装したので見学ながら訪問してきました。 その折にお隣の『Specialty Roasteria COFFEE FACTORY』さんにお邪魔して世界一のコーヒーをいただいてきました。 このお店はCQIが認定しているQグレーダー所有者のマスターと、コーヒーマイスター資格を所有するバリスタが4名も在籍する自家焙煎のお店。凄い! 店内には丸テーブルが5.6個。それぞれに椅子が2つづつ。…
Add a comment...

Post has shared content
この界隈では歴史も長く結構知られた名店です。 近くで仕事を済ませて他の仕事仲間と3名でランチで立ち寄りました。 昔からたびたびお邪魔することはあったのだがここしばらくは来ていなかった。 結構な人気な人気店なのでできれば予約して天気が良ければテラスで食事をするのも結構楽しめる。 今回は予約もしないで突然お邪魔した。 あいにくの天気で雨がしとしと降る日だったので店内は結構すいていた。 年配のマネージャ―が席まで案内してくれるのでとても安心感がある。 いつも思うことなのだが…
Add a comment...

Post has shared content
「結構大変ですね。再配達などあり完璧に終わるのは難しい」ですね。 「夕方6時に最後の荷物が集荷場に届きますが、その80%はアマゾンのもの」だそうだ。 クロネコ側は労使でこの問題をできるだけ早く解決したいと話しているが、 実際に働いているドライバーに聞くとニュースを見た私達とはちょっと視点が違うようだ。 つまり、荷物が減ってしまうかどうか?ということに焦点が当たっているようだ。 「多分、減らないと思いますよ!」(終わらないと困るけれど、仕事が減るのも辛いのか。)…
Add a comment...

Post has shared content
そもそもこの本を知ったのは、FB、Pinterestでお友達になった福田さんのFBへの投稿からだ。 「再起動」ということはを聞いたとき、私のイメージはシュワルツネッガーのターミネーターを連想した。 そうジョン・コナーを守るべく未来から送り込まれ、T-800未来型アンドロイドロボットが圧縮機で一度つぶされるがしばらくして目が赤く点滅し再起動のかかる瞬間だ。…
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded