Profile cover photo
Profile photo
森川誠栄
315 followers -
ジョイントコーディネーター(Joint Coordinator)
ジョイントコーディネーター(Joint Coordinator)

315 followers
About
誠栄's posts

Post has attachment
こんばんは、誠栄です。

『TO DO,OR NOT TO DO.』

やるかやらないか・・・。

皆さんはなにかやりたいことがあるとき、
どのように考えますか。

「やりたいから、やる」
「やりたくないけど、やる」
「やれるから、やる」
「やれるかもしれないから、やる」
「やれないけど、やる」
「やれないかもしれないけど、やる」

「やりたいけど、やらない」
「やりたくないから、やらない」
「やれるけど、やらない」
「やれるかもしれないけど、やらない」
「やれないから、やらない」
「やれないかもしれないから、やらない」

結局は「やる」か「やらない」かですが、
意識の持ちようで、結果は違ってきます。

もちろん、やるからには徹底してやる、
やらないと判断したら、迷わず引くと
いうのは大前提ですよね。

私も今、障がい福祉サービス業をはじめ
やりたいことが本当にたくさんあって
取捨選択に苦慮しているところですが、
自分の信念と感性、これまでの経験から
結論を導き、すかさず行動したいです。
その結果を後悔することなく・・・。

皆さん、本日も大変お疲れ様でした✨

昨日のミニ傘ですが、どこか傘の骨を
作っていただけるところありませんか?
(プラスチック製、傘の直径約30cm)

「作りたいから、作る」つもりです👍

Photo

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『岐阜和傘』

岐阜県は和傘の一大産地で、その最盛期には
年間1500万本もの和傘を生産していましたが、
現在は数万本にまで減ってしまいました。
それでも、未だ大きなシェアを誇っています。

そんな岐阜の和傘屋におじゃましてきました。

障がい者が紙すきで作る再生紙を素材として
提供するお話しに行ったのですが、和傘作り
の工程の一部でも協力してもらえないかと
オファーをいただきました。

伝統工芸の後継者不足から、和傘を作る職人
の数が圧倒的に少ないそうです。

しかしながら、和傘の製造には非常に多くの
工程が必要で、障がい者どころか私たちでも
その技術を習得するのは大変です。

とりあえず、ハードルの低いミニ傘を対象に
関われることを模索していこうと思います。

伝統工芸と障がい者雇用と商店街の活性化の
マッチングがおぼろげながら見えてきました。

皆さん、本日も素敵に華麗に誠実に🎵
PhotoPhotoPhotoPhoto
2017/04/25
4 Photos - View album

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『親孝行』

子が親を敬い、親に尽くすこと。

自分が歳を取るに連れ、当然ながら
親も年老いていきます。
子どもの頃、あんなに大きく感じた
父親もすっかりこじんまりしました。

もっと親孝行しなければと焦る自分
を後目に、どんどん衰えていく姿は
仕方がないとはいえ悲しいものです。

親孝行って、なんでしょう・・・。

真心を持って接し、敬い、大切にし、
喜んでもらえることでしょうか。

老後の面倒をみるとか、高価なもの
を贈るとか、旅行に連れて行くとか、
家業を継ぐとか、そういったこと
ばかりではないんですよねぇ。

立派な人間に成長して、社会に貢献
する・・・親にとってはわが子の
成長した姿を見られることが何より
の喜び、裏返せば親孝行なんですね。

親孝行・・・自分も出来ていないし、
何をもって孝行とするのか難しいが、
少なくとも親は期待していない。
親ってそんなもの。なればわかる。

皆さん、日曜も素敵に華麗に誠実に。

写真は昨晩いただいた「カキ小屋 
心斎橋」の生牡蠣。
Photo

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『パートナーシップ』

協力関係。共同。提携。

主にビジネスがらみになりますが、
最近連日のように新規で沢山の方と
面談させていただいている誠栄です。

人間って面白いですねぇ・・・。
いろいろなタイプの人がおられます。

お話しさせてもらっている中から
醸し出される人柄や雰囲気、熱意や
ビジョン、商材に対する愛着など、
まぁほんと人それぞれですね。

とてもクレバーな方や真面目を絵に
描いたような方、まったくスキを
見せない方など、お会いしていて
面白いと言ったら不謹慎でしょうか。

人生「誰」と組むかによって、結果
は全然違ってきます。

相性などの問題も関わってきますが、
万人が善人ではあり得ない世の中、
そのあたりの見極めが非常に大事で
あることは言うまでもありません。

組む相手を誤っては、痛い目に遭う
こともしばしばな誠栄が言っても
あまり説得力ないですか(苦笑)

今日もパートナーシップを模索しに、
岐阜県まで行ってきます。

皆さん、華金も素敵に華麗に誠実に。

これまで滅多に乗ることのなかった
大阪モノレールをよく利用します。

阪急電鉄とのパートナーシップか、
「Let's go to KYOTO」号なり(笑)
塗装色も阪急マルーン(開業以来の
伝統色)で、さすがに上品ですね。
Photo

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『笑顔』

“笑顔”の持つポテンシャルは想像を
絶します。

うちの息子は障がい児です。

でも、健常児にも負けないくらいの、
いや、それ以上かもしれない笑顔を
いつも見せてくれます。

子どもの笑顔って、尊いですよねぇ。

子どもたちのピュアな笑顔によって、
どれだけ癒され、和まされるか。
ましてや、わが子なら言わずもがな
ですよね。

持って生まれた運命や環境のせいで
生きたくても生きられない子ども、
あるいは先般のリンちゃんのように、
なんの罪もなく尊い命を奪われる
子どもが世界中にどれだけたくさん
いることか・・・。

そんな子どもたちをひとりでも多く
救えるように尽力していきたいです。
口で言うのは簡単ですが、実際には
途方もなく大変な作業だと思います。

皆さん、本日も素敵に華麗に誠実に。

『第2回もりかど日中産業展2017』
も最終日。今日も笑顔で頑張ります。

http://moriguchikadoma.goguynet.jp/2017/04/18/sangyouten2
Photo

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『第2回もりかど日中産業展 2日目』

引き続き張り切ってまいりましょう👍

皆さん、本日も素敵に華麗に誠実に🎵

http://moriguchikadoma.goguynet.jp/2017/04/18/sangyouten2/
Photo

Post has attachment
こんばんは、誠栄です。

『自由時間』

総生活時間から睡眠など必要時間と
仕事などの拘束時間を差し引いた
それ以外の自由に使える生活時間を
自由時間と表現。余暇時間とも言う。

フェイスブックと並行してインスタ
やツイッターもたしなむ誠栄ですが、
こんなツイートを見掛けました。

「人生を80年とすると睡眠に27年、
食事に10年、トイレに5年の時間を
費やす。これらを差し引くと残りは
たったの38年。・・・こう考えると
人生って案外短く感じるよねぇ。」

多分80まで生きれないと思うから
実質はさらに短いんでしょうねぇ。
なんか妙に焦ってしまいます(苦笑)

残りの30数年間の内、自由気まま
にしたいことに使える時間となると、
性別や職種等、いろいろな条件に
よっても異なってくると思いますが、
本当に本当に短いですね。

1分1秒も無駄にはできんぜよって、
更なる闘志がみなぎってきました。
誰もが人生80年を全うできるかと
いえば、そんなことはありません。
寿命の尽きるまで、精一杯生きない
と時間がもったいないですよね。

時間そのものは全ての人に平等だが、
一生で与えられる時間の量は不平等。

皆さん、今宵も素敵に華麗に誠実に。

写真はHEP FIVEの入口吹き抜け空間
で泳ぐ巨大な赤いクジラのオブジェ。
HEPのイメージカラーが赤だからね。
私のラッキーカラーもレッドです👍
Photo

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『無限の可能性』

限界を持たない潜在的な発展性や、
限りのない物事の実現する見込み。

昨日は「良縁と好機は焦らず待て。」
と言ったものの、誰の人生にも無限の
可能性が眠っているのは確かですね。
タイミングを待たずに、常に自身の
可能性に賭けることも必要です。

たとえ、好機には逃げられたとしても、
可能性は逃げてはいきません。

そして、その可能性の限界を線引き
するのはあくまでも自分の心であって、
物理的に到底不可能な事案だとしても
自分の限界を極限まで極めることが
人間を成長させ、そこから先、新たな
道が開けていくものです。

誰の心の中にも、目覚めを待つ無限の
可能性が眠っています。
何事も諦めない気持ちで挑みましょう。
と、自分にも言い聞かせる誠栄でした。

皆さん、日曜日も素敵に華麗に誠実に。

こういう素敵な作品もできちゃいます。
どなたか素材を提供してくだされ(笑)
Photo

Post has attachment
こんばんは、誠栄です。

『縁と浮世は末を待て』

良縁と好機とはあせっても駄目で、
自然に訪れるのを待つべきである。

今度守口で始める紙すき事業への
ジョイントのお話しを何人もの
方からいただいて嬉しい限りです。

「ご縁」ってのは不思議なもので、
とにかくもう人脈を作りたくて
一方的に求めて得た縁が果たして
良い縁だったかというと、決して
そんなことはありませんでした。

「好機」にも言えることですが、
運命的な時節やタイミングが存在
するのは確かで、それを見逃さず
にモノにできるかできないかが
人生を大きく左右しますね。

求めてもなかなか得られない良縁
ですが、最近はご縁がご縁を呼ぶ
というか、泉のごとく湧きいずる
出会いになにか因縁めいたものを
感じてしまう誠栄です🎵

最後の一花というのにはまだまだ
早いですが、いただいたご縁を
育みながら全力で駆け抜けたいと
思います。

皆さん、本日もお疲れ様でした。

こういうレターセットって贈ると
喜ばれますよね💛
紙製品だとどんなものでも紙すき
で対応できたりします。
Photo

Post has attachment
おはようございます、誠栄です。

『人の目』

他人が自分のことをどう思っているのか
って気になりますか?
自分に向けられた他人の視線がやたらと
気になることはないですか?

私も昔はたいへん気になりましたが、
おかげ様で今ではそうでもありません。
とくに会社勤めの方は仕事上の自分に
対する周りの評価として自分自身で
受けとめてしまいがちなので要注意です。

あるいは恋愛においては、意中の人が
自分に好意を抱いてくれているかどうか、
当然気になるところではありますよね。

これがさらに度を越すと、人の視線が
怖くなってしまいます。
長い人生、関わる人全員に良く思われ
ようとしたところで、到底無理な話です。

「他人は他人自分は自分」くらいに考え、
あまり些細なことは気にしないように
いつも胸を張って生きていきたいですね。

皆さん、本日も素敵に華麗に誠実に🎵

画像は事業所の真ん前にあるマンホール。
Photo
Wait while more posts are being loaded