Profile cover photo
Profile photo
夢工房 [Yumekoubou Antique Kyoto]
4 followers
4 followers
About
Posts

Post has attachment
純銀竹彫炉屏

まわりの景色を取り込んでいろんな表情を見せてくれます。
ある時はさわやかな緑を、ある時は素敵なお道具を。
陽の光を受けて真っ白に輝く時もあります。
どんな景色も受け入れてくれる竹の姿が美しい。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
シンプルだけど、なぜか心惹かれる模様ですね。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
御所籠に組まれていた棗と茶杓。
シンプルな蔓の蒔絵。
これ以上足しても引いてもバランスが崩れそう。
美しさにこだわった素敵なお道具です
Photo
Commenting is disabled for this post.

Post has attachment
黒塗煮物碗の内側に広がる荒波。
均一に描かれる波模様。
集中力とリズムが必要な作業なんでしょうね。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
柴舟をモチーフとして使われています。
舟のひとつは青く輝く螺鈿。
細かな波模様と繊細な柴が美しく、素朴な図柄ながら上品な優雅さも感じます。時代を経た落ち着いた金色も魅力となっています。
雛道具硯箱
Photo
Add a comment...

Post has attachment
雪輪梅蒔絵。
古典文様のひとつである雪輪。
梅と取り合わせることで静かな雪残る早春の景色を感じさせてくれます。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
香箪笥に施された双鶴と松の蒔絵。
日本の慶祝をあらわす図柄です。
Photo
Commenting is disabled for this post.

Post has attachment
「彫漆十薬色紙箱」

彫漆とはたくさんの色漆を重ねて塗ったあと、それを彫り進めて模様を浮き立たせていく技法です。

色の取り合わせや図柄、彫る深さなど制作前から入念にイメージして作られているんだと思います。
黄色、紫、黒といった個性的な色が自然と受け入れやすいものとなっています。
十薬と呼ばれるのはドクダミのこと。
日常にありふれた草花をモチーフにしているのも素敵。

大切な箱として身近に置いてみたい道具のひとつです。
Photo
Add a comment...

Post has attachment
この茶櫃は何度か目にする品物です。
忘れた頃にやってきます。

形は同じですが、竹の色が少しずつ違っているように思います。
夏の頃、こういう涼やかなお道具を使いたいものです。
http://www.yumekoobou.com/feature/f032.html
Photo
Add a comment...

Post has attachment
このところ、雨が多い京都。
すっかり秋の気配を感じます。
予定のない日は、室内で雨音を聞いて過ごすのも好き。
しかし、写真撮影には向いてない。
Photo
Add a comment...
Wait while more posts are being loaded