上野恩賜公園の午後11時過ぎの立入の件ですが、これはルールとかマナーの問題ではなくて、単純に違法行為です
具体的にいうと、「軽犯罪法」に違反しています
【軽犯罪法抜粋】
第一条  左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
32 入ることを禁じた場所又は他人の田畑に正当な理由がなくて入つた者

上野恩賜公園は、東京都建設局が管理する公園で、東京都立公園条例第十七条によって「都市公園の管理のため必要があると認めるときは、都市公園の使用を制限することができる。」とされており、昭和35年から犯罪防止を目的に午後11時から翌午前5時までが立入禁止とされています

鍵も囲いもなく放置されている場合には「人の看守」がないとされ、そこへの侵入が住居等侵入罪とはならないとされているため、今回のケースは住居等侵入罪にあたらず、正当な理由なく入ることを禁じた場所に立ち入ったことによる軽犯罪法違反となります

周辺住民の立ち入りが黙認されているとかいう話がありましたが、そんなことは無く、軽犯罪法違反をしているだけです
園内にも掲示されており、Webページなどでも花見Q&Aでも書かれてるなど、ことあるごとに立入禁止の時間があることが示されているのであれば、これを黙認とは言えません
一方、警備の人員を配して取り締まったり、柵や施錠でしっかりと管理していないじゃないかという話もありましたが、それをし始めた途端に「人の看守」があるとされ、立入禁止を破った者の立場が軽犯罪法違反から住居等侵入罪に変わります
公園の管理としては「犯罪を取り締まる」ことを目的としていませんし、そういった管理はコストがかかります
立入禁止の目的である犯罪防止としては、現状の管理で軽犯罪法を犯したりしない善良な市民に対しては十分な効果があるため、これ以上の規制の必要性があるとはしていないのでしょう

以上のようにマナーとかルールといった曖昧で主義主張によって意見が異なるような問題ではなく、単に法的な問題で、Ingressをプレイすることを目的とした違法行為が繰り返されているということであり、その行動によって「Ingressをプレイする行為」に対する社会的な認識が毀損されることを危惧するべきだと思うのです
Shared publiclyView activity