Profile

Cover photo
Verified local business
アルビレックス新潟
日本, 〒950-0954 新潟県新潟市中央区美咲町2丁目1−10
025-282-0011
31,143 followers
AboutPostsPhotosYouTube

Stream

 
台湾・高雄キャンプも後半戦。今日は動画でリポートをお届けします。ブラジル人選手たちがどんどん日本語をマスターしています!
#albirex
 ·  Translate
4
Add a comment...
 
台湾・高雄キャンプも、新潟空港を飛び立ってから6日が経ちました。トップチームの選手たちは明日行われる初の対外試合・台湾電力戦を前に、今日は9時、15時半の2回でトレーニングを行いました。午前はウェイトトレーニングを中心として筋持久力の向上に努め、午後は明日の試合に向けて全員がクロス、クリア、シュートなどゴール前の攻防の確認を行ってから、初めて紅白戦も実施しました。

紅白戦はエリアを少し狭め、ゴールも小さなものとしましたが、激しく球際に対応するなど実戦を前に選手たちの強い意欲が前面に出ていました。矢野選手とホニ選手が右サイドで絡みながら抜け出すなど、即興とは思えない好連携も見られました。明日の台湾電力戦は15時試合開始となります。

今日は高雄国家体育場に思わぬ訪問もありました。静岡で旅行会社に勤める成岡選手のおじ様が、静岡のお茶農家の皆様を連れてお茶どころである台湾に訪問。「せっかくなので」と足を延ばしてスタジアムまで駆けつけてくださいました。力強い激励をいただき、ありがとうございました。
#albirex
 
 ·  Translate
11
gorimutyuu1's profile photo
 
日本はとても寒い台湾は暖かい、いい紅白試合が出来たろう。
 ·  Translate
Add a comment...
 
激励会の動画第一弾として、選手トークの前半戦を後援会公式YouTubeにて公開させていただきました。
各選手からの今シーズンにかける意気込みを、平畠さんが絶妙なMCで引き出しております。
ぜひ、ご覧ください。
後日、選手トーク後半戦やその他の場面も公開予定です。
ぜひ、お楽しみにお待ちください。
https://www.youtube.com/watch?v=kzpDXHSrv7w
 ·  Translate
9
gorimutyuu1's profile photo
 
楽しみにして待っているよ、頑張れアルビリックス新潟。
 ·  Translate
Add a comment...
 
高雄でのトレーニングは2日目。今日からチームは午前、午後の二部練習で厳しく体を追い込みました。宿泊先の義第皇家酒店(E-DA ROYAL HOTEL)から高雄国家運動場まではバスで約20分程度。選手たちはバスを降りると、歩いてスタジアム内に入っていきます。
 
今日のメニューは午前がサーキットトレーニング、午後はボールを使ってのパス&コントロールなどを実施しました。午前、午後ともこの日も意識づけられていたのは常に動き続けること。サーキットトレーニングはメニューとメニューの間もジョギングで移動をすることが求められ、「見た目は地味かもしれないけれど、結構体には負荷が来ています」と証言する選手もいました。
 
ボールを使っての午後のトレーニング前には、ロメロフランク選手とジャンパトリック選手がパス交換。そのテクニックの一端を見せてくれたほか、パス&コントロールではホニ選手が俊敏性のある動きで周囲の目を引いていました。この後はグループを大きくして、コーンでゴールを作ったサッカー的なメニューも行われましたが、球際も強く寄せるなど選手たちはアピールに躍起となっていました。「この時期はみんなそうでないと困る」と笑った三浦監督ですが、「新加入の選手だけじゃなく、期限付きから戻ってきた選手たち、一回アルビを出てから戻ってきた選手たちも『やってやろう』という気持ちが伝わってきた。嬉しいよね」と表情を緩めていました。負荷は高いですが、いい緊張感を高雄キャンプは持続しています。
#albirex
 ·  Translate
12
Add a comment...
 
明日からいよいよ台湾キャンプがスタートします!ハードなメニューが待っているのは間違いないですが、それぞれ意欲を燃やしていることでしょう。新潟空港での報道陣の取材にも、頼もしい表情で答えていた選手たち。堀米選手は「強い覚悟を持って新潟に来た。一日一日を無駄にせず、いろいろなことを学んで帰ってきたい」と意気込みを口にしていました。
 
搭乗前には出発セレモニーがあり、運航会社であるファーイースタン航空・日本地区総支配人の熊谷和英様より「今日はご搭乗誠にありがとうございます。体調やケガにも気をつけながら、台湾で有意義なキャンプをお送りいただければ思います」、後援の新潟空港整備推進協議会・会長代理の寺田吉道様より「台湾の人たちのハートをガッチリとつかんで、台湾でもアルビレックスのファン、日本、新潟のファンを増やしていただければと思います」と温かいメッセージをいただきました。
 
クラブからは中野社長、三浦監督から挨拶があり、三浦監督は「台湾キャンプでは、フィジカルトレーニングが中心になると思いますが、しっかり練習を積み上げて、おいしいものをたくさん食べて、一年間戦うベース作りをしていきたいと思います」と語りました。その後は監督からの急な振りで原選手が意気込みを語ると、続いて花束の贈呈、記念撮影が行われました。今回のキャンプの実現にご協力いただいた皆様、20周年記念ユニフォームをご着用で歓迎していただいた空港のスタッフの方々に、心から感謝を申し上げます。
 
空港まで足を運んでくださったサポーターの方々にも見守られながら、選手たちは台湾へと向かっていきました。高みへと駆け上がるために、これから鍛錬の日々に向き合っていきます!
#albirex
 ·  Translate
11
gorimutyuu1's profile photo
 
台湾キャンプは賛成です、新潟より寒くない。
 ·  Translate
Add a comment...
 
トップチームは本日10時からハードオフエコスタジアムの屋内練習場でトレーニングを行いました。ヴァンデルレイフィジカルコーチ主導の下、選手たちは約1時間半汗を流していました。メインとなっていたのはサーキット形式のトレーニング。ボールを使いながら、前後左右の動きを組み合わせ、筋肉や神経に刺激を与えていました。選手同士で声を掛け合う場面も多く、最後まで活気のあるムードを保ったまま、キャンプへ向かう準備を整えることができました。

午後からは選手・スタッフがスーツに着替えて再集合し、神明宮で毎年恒例の必勝祈願をしました。ピンと張りつめた神聖な雰囲気の中で、今シーズンの飛躍を祈っていた選手たち。それぞれが勝利への思いをより強め、激励会の会場となる新潟県民会館へと向かっていきました。
#albirex
 ·  Translate
10
gorimutyuu1's profile photo
 
サッカーを選手のスーツ姿もまたいい。
 ·  Translate
Add a comment...
 
トレーニングゲームvs台湾電力。高雄国家体育場には、「台湾の中でもサッカー熱が高い地域」という土地柄もあってか続々と現地サッカーファンの方々が駆けつけ、台湾電力のチームカラーである緑色のゲームシャツを着用したサポーターや横断幕も掲出されるなど、さながら公式戦のような雰囲気が醸し出されました。トレーニングゲームでこのような素晴らしい空気を作り出していただいたことを深く感謝したいと思います。また、この日はオレンジのユニフォームを着用したアルビレックス新潟サポーターの方々もお運びいただきました。遠い地まで心強いサポートに感謝を申し上げます。
 
新潟がボールを支配し、優勢にゲームを進める展開ながらゴールを奪えない時間が前半は続きました。27分にはペナルティエリア内で倒された指宿選手がPKを獲得。一度は決めたものの、ペナルティエリア内侵入があったとして蹴り直しとなり、今度はチップキックで相手GKのタイミングを外しますが、惜しくもバーに。その後もボランチを務めた成岡選手がペナルティエリア内に侵入して狙った右足シュートも、相手GKの好セーブに阻まれます。
 
後半、大きくメンバーが変わった新潟は前線にホニ選手と山崎選手のスピードある2トップを起用。ホニ選手は左右に流れてボールを引き出すと、スピードあるドリブルで相手を抜き去り、ゴールに突進して脅かし続けます。10分にはホニ選手の突破からのラストパスを平松選手が難なく押し込んでゴール。14分にもホニ選手が敵陣深くまで入り込んでのクロスを山崎選手がダイビングヘッドで押し込み、一気に2点を挙げます。
 
「まだまだ。細かいミスが多かった」と選手たちが口をそろえたように、ボールフィーリングや連係では向上の余地を残しています。しかし、どんなゲームでも勝利、結果を出していくことが、チーム、選手たちには求められること。まずはひとつの結果を得ることができました。明日以降も厳しいトレーニングは続きます。
#albirex
 
 ·  Translate
8
gorimutyuu1's profile photo
 
とりあえずなんだかんだあっても勝った良かった。
 ·  Translate
Add a comment...
 
台湾・高雄キャンプも中盤にさしかかり、連日のハードなトレーニングに選手の疲労も溜まってきていました。このタイミングで、三浦監督は午前のトレーニングを取りやめ、選手たちに「しっかりと休息を取ること」と言葉をかけました。
 
昨夜に行われたミーティングの後には、ヴァンデルレイコーチが全員の体脂肪を測定。「全員ではないが、まだ数人改善の余地がある選手がいる。もちろん食べなければ体脂肪は落ちるが、それは適切ではない。しっかり栄養を摂って、夕飯の炭水化物を少しだけ抑えるようにしよう」と説明をしていました。「みんなが食べている、肉やスパゲティ、ケーキだって大事なものなんだ。ただ、生活習慣が崩れがちな人は、それだけで体のバランスも崩れる。しっかりと見直すことも忘れないように」と、変わらない丁寧な口調でチームに説いていました。
 
トレーニングメニューはヨーヨーテスト。計測された幅を、アンプスピーカーから流れる「ピッ!」という音までに走り、また折り返す。「横が気になるかもしれないが、気にしないで自分のペースで行こう」とコーチ陣が声をかけます。グループは2つに分かれましたが、どちらも群を抜くパフォーマンスを発揮した選手がいました。
 
それは原輝綺選手と加藤大選手。原選手は市立船橋高校で鍛えられた走力を活かし、他の選手たちが次々と脱落する中、折り返しを続けます。「すごいな…」という声ももれる中、圧巻のパフォーマンスを見せました。また、加藤選手はJリーグ随一の走力をいきなり披露。平松宗選手も意地を見せますが、抜群のパフォーマンスを発揮しました。
 
ヨーヨーテストが終わった後もミニゲーム形式のメニューが行われました。妥協ないトレーニングの連続で、チームは骨格を作りつつあります。
#albirex
 
 ·  Translate
12
toshihiro wakayama's profile photo
 
良いトレーニングをして、「走り勝つアルビ」復活しましょう。
 ·  Translate
Add a comment...
 
台湾・高雄でのトレーニングは3日目。今日も午前、午後と行われたトレーニングでは、インターバル走や小さなグループから徐々に人数を大きくしてのポゼッションなどを行いました。インターバル走は10mおきに置かれたミニコーンを目指したランニングを、少しずつ距離を延ばしていくもの。
 
「自分の100%じゃない。70%をずっとキープして走って、その後はジョギングして心拍を落として!」とヴァンデルレイフィジカルコーチ。90分、ボールに関わる時とそうでない時が行き交うサッカーでは、いかに自分で回復をさせ、いい状態でボールに関わることができるかが、クオリティーを左右します。昨日から繰り返される「いま泣いて、ゲームの後に笑おう!」というメッセージが、今日もコーチ陣からは強調されていました。
 
ゴールキーパー陣は苦戦をしたインターバル走ですが、フィールドの選手たちは誰もが脱落することなく予定された本数をクリア。どのメニューでも、アピールをしようとする意地を台湾キャンプの選手たちからは感じます。
 
午後は眞中コーチのもとボールポゼッションを中心としたメニューが行われましたが、ここで“さすが”と言えるボールさばきを見せたのは本間勲選手。台湾の慣れないピッチでもコントロールをミスすることなく、正確な場所にボールを置き、プレスに襲いかかる相手をいなしてチームメイトにつないでいきます。その正確無比な技術に少しのかげりもないことを証明してくれました。
 
「選手は集中してやっていたね」と好感触を得た三浦監督ですが、同時に選手たちのコンディションに配慮することも忘れませんでした。「トレーニング中にも言ったけれど、やるべきことはやらなければいけない。でも、いまは無理をするところじゃない。これでケガをしてイチから作り直すのは自分にもチームにも損。『何かあったらインフォメーションをしてくれ』と言っている」。練習後にはメディカルスタッフも集めて細かく気になる点を共有しているのが、今季の監督・コーチングスタッフの特徴。細心の配慮をしつつ、チーム構築は進んでいます。
#albirex
 
 ·  Translate
14
gorimutyuu1's profile photo
 
みんな健康で良い顔している。
 ·  Translate
Add a comment...
 
台湾キャンプがいよいよスタート! 昨夜台湾入りしたアルビレックス新潟は今日午前に台北からキャンプを行う高雄に移動。高速鉄道で移動した高雄・左営駅には、台湾のサッカーファンや関係者の方々が多くチームをお待ちいただいていました。台湾のメディアの方々も多く取材に来られ、監督・選手も驚き。「すごくあたたかい歓迎で驚いているし、改めて関心の高さを感じました。アルビレックス新潟のことを台湾の皆さん、高雄の皆さんにおおいにアピールしたい」と三浦監督も笑顔で応えていました。
 
選手たちが宿泊する義大皇家酒店(E-DA ROYAL HOTEL)はゆっくりとリラックスができ、食事も素晴らしいですが、練習場となる高雄国家体育場はワールドゲームスも開催された立派なスタジアム。“上空から見ると龍が現れる”というデザインも素晴らしく、「これほど素晴らしいスタジアムでキャンプが行えることを感謝したい」と監督、選手も感激していました。
 
トレーニングは長距離の移動を考慮してランニングを中心とした有酸素系のメニューとなりましたが、選手には動き続けることが求められるとともに、ランニングも徐々に設定タイムが短くなるなど負荷もかけられました。「想像以上に厳しい。このペースで行くと、明日以降が少し怖い」と矢野選手も苦笑い。ただ、「1年間戦っていくうえでの土台をここで作るのがキャンプの目標」(矢野)と明確です。一回一回のトレーニングに全力を尽くすことを、改めて誓っていました。
#albirex
 
 ·  Translate
11
gorimutyuu1's profile photo
 
台湾料理が美味かったことは良かった、しかし中華料理とはそれは違う。
 ·  Translate
Add a comment...
 
本日15時からの開催となった2017アルビレックス新潟激励会は、今年も満員御礼。大雪にも関わらず、会場まで足を運んでくださったサポーターの皆様には心から感謝を申し上げます。

激励会は今年も2部に分けて開催され、冒頭では昨季限りで現役を引退し、今季からアカデミーコーチに就任した黒河貴矢コーチより挨拶がありました。「ジャパンサッカーカレッジの頃も含め、10年間本当にありがとうございました。ビッグスワンで聞こえた声、見た景色は一生忘れません」。会場にチャントとコールが響くと、黒河コーチは感動の涙を浮かべていました。

第1部では、新ユニフォームの発表もありました。1stユニフォームのコンセプトは「Speed of Team」。胸元のグラフィックは白鳥が飛翔する姿を彷彿とさせ、アルビレックス新潟が体現するスピード感あふれるプレーへの想いが込められています。新たなユニフォームを身にまとい、選手たちは誇り高く今季の戦いに挑んでいきます。

16時からは、いよいよ第2部がスタート。全選手・スタッフが登壇すると、アルビレックス新潟後援会よりクラブへ支援金贈呈が行われ、渡邊聖籠地区会長様より中野社長に目録が手渡されました。後援会員の皆様には物心両面でクラブを支えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

選手トークのコーナーは今年も大盛り上がり。平畠啓史さんMCのもと、笑いあり驚きありの軽快なトークが展開されていきました。おそらく一番の注目が集まっていたのは最後のグループ。本間勲選手と矢野貴章が登場すると、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こりました。コーナーの締めでマイクを託された本間選手は、「ぜひ会場に来ていただいて、4万人のスタジアムで力を貸してください」と応援を呼びかけていました。

最後は三浦監督からご来場の皆様に、「皆様の熱い期待を本当に感じました。ありがとうございます。皆様は我々と一緒の仲間です。今シーズンも我々と一緒に戦ってください。よろしくお願いします」と挨拶があり、激励会は終了。退場時には皆様から大声援で、選手・スタッフを見送っていただきました。より一層士気を高めたチームは、一丸となって台湾での1次キャンプに向かっていきます!
#albirex
 ·  Translate
8
toshihiro wakayama's profile photo
2 comments
 
黒河選手 お疲れ様でした。
あなたの堅実で落ち着いたプレーを忘れません。
アカデミーでも頑張って下さい!。
 ·  Translate
Add a comment...
 
県内各地で大雪に見舞われた今日、聖籠クラブハウスのグラウンドにも深々と雪が降り積もっていました。トレーニングも屋内の筋トレのみとなりましたが、選手たちはそれぞれ意識高く取り組むことができていた様子。厳しい天候の中でも、チームは確実に歩みを進めています。

今日の午後からは表敬訪問のため、中野社長、三浦監督、矢野選手、堀米選手、ジャン選手、チアゴ選手が新潟市役所と新潟県庁に向かいました。市役所では篠田昭市長に温かく迎え入れていただき、冒頭では中野社長、三浦監督が市長に挨拶をしました。昨季は悔しいシーズンとなったこともあり、市長からは「(悔しい思いを)今シーズンは爆発させてほしい」と激励のメッセージをいただきました。

三浦監督からはそれぞれの選手の紹介があり、選手たちは意気込みや抱負などを述べました。「相手からボールを奪うことやフリーキック、ミドルシュートが自分の特徴。それをしっかり発揮して上位進出を目指していきたい」と力強く口にしていたのはジャン選手。新潟のために戦う気持ちを、より確かなものにしていた様子でした。

続いて新潟県庁で米山隆一知事を表敬訪問しました。時折大きな笑いも飛び出すなど、終始明るいムードで進んでいき、選手たちは笑顔を見せながら会話を楽しんでいました。新たなシーズンに向けてさらに気持ちを高めていく上で、貴重な時間となっていたことでしょう。初めてのJ1での挑戦となる堀米選手も「まずは自分の持っているものを出し尽くして、今年を楽しみ尽くしたい」と、柔らかな表情の中に力を込めて語っていました。

最後に米山知事から「期待しています」とエールが送られ、記念撮影をして表敬訪問は終了しました。地域の皆様の支えへの感謝の気持ちを常に持ち続け、アルビレックス新潟は2017シーズンも戦っていきます!
#albirex
 ·  Translate
11
gorimutyuu1's profile photo
 
新潟の方は大雪で大変ですね。
 ·  Translate
Add a comment...
Story
サッカーJリーグ アルビレックス新潟の公式Google+ページ(テスト)です。ぜひフォローをよろしくお願いします。更新スタートまで今しばらくお待ちください。
Hours
Monday10:00 am–5:00 pm
Tuesday10:00 am–5:00 pm
Wednesday10:00 am–5:00 pm
Thursday10:00 am–5:00 pm
Friday10:00 am–5:00 pm
Contact info
Phone
025-282-0011
Address
日本, 〒950-0954 新潟県新潟市中央区美咲町2丁目1−10
Google+ URL